WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

歯周病|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

歯周病

Periodontal disease

Periodontal disease歯周病

歯周病の症状

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病とは

歯周病は、以前は「歯槽膿漏」と言われていました。テレビCMでも流れていますよね。歯と歯茎の間に存在する歯周ポケットと言われる溝に、歯周病菌が住み着きます。そうすると、居心地が良いので繁殖し、増えようとします。歯周病菌は空気に触れない環境が好きなので、奥深くに潜りこもうとするわけです。自分の体はというと歯周病菌が迫ってきているので、体の中に入れさせまいと自分の陣地を後退させるのです。実は、歯周病で歯茎が下がったり骨が下がったりするのは、自分の体が炎症を引き起こし歯周病菌に体の中に入られまいとする防御反応なのです。歯周病菌が骨を溶かしているわけではないんですね!

炎症

歯磨きしていると歯茎から出血することありませんか?この出血は歯周病菌が体のなかに入るのを抵抗している証拠なんですね!少し痛みがあるかもしれませんが、柔らかい歯ブラシや歯間ブラシ、フロスを使って歯周病菌を減らしてあげてください。そうすると、歯周病菌の量が減って出血がすくなることが多いと思います。

歯石

歯石はみなさんご存知ですよね!?歯の表面につくザラザラした物質です。
細菌の死骸やプラークと呼ばれる(排水溝のヌメリのようなもの)汚れに、唾液中のカルシウム成分が沈着し、軽石のように表面にこびりつきます。歯磨きでは落とすことが困難で、歯科医院の歯石とりを受けていただく必要があります。
歯石には縁上歯石と縁下歯石と2種類あります。縁上歯石は目に見える部分にあります。柔らかいので1~2回の歯石とりで落とすことができます。難しいのが縁下歯石です。

歯石とり(スケーリング、ルートプレーニング、SRP)

みなさん歯科医院での「歯石とり何回かかっているんだろ?」と感じたことはないですか?実は、縁下歯石は落とすのが難しいのです。縁下歯石は歯と強くこびりついており、さらに歯茎が上に乗っていますのでどこにあるのかさえ探すのが難しいのです。よくあるのは歯と歯の間の歯茎の中に隠れていることが多いです。大きい場合はレントゲンにも写ってきます。歯茎の中を探るので、チクチクすることもあり、局所麻酔をして行うこともあります。上下左右4回に分けたりすることが一般的です。人によっても回数が変わりますが、1回で終わることは少ないのです。
 歯石は歯周病菌の住処になります。よって歯石を落とすことが歯周病治療のメインの治療になります。先ほどもお話ししたように、歯茎の中の歯石をすべて取り除くのは難しいので、場合によっては歯周外科(フラップ手術)といって歯茎を少しめくって、きれいに取る場合もあります。

歯石とり

メンテナンス

歯石とり治療が終わっても、日々のメンテナンスが大切です。歯磨きの仕方やフロス、歯間ブラシを併用した方がいい場合もあります。(・・・大きい声では言えませんが、歯科医師でも歯科衛生士でも完璧に歯磨きすることは難しいのです。。)みなさんの歯磨きの慣れたやり方というのがあると思いますが、プラスアルファで苦手なとこをカバーしていただければ、少しでも歯が弱くなるリスクは下がるかと思います。それでも難しいところはあると思いますので、3~4ヶ月に一回程度クリーニング来られることをお勧めします。
  クリーニングとは歯石とりはもちろんのこと、歯の着色をとったり歯の表面のベタつきをとったり、歯茎も引き締まります。

喫煙、全身疾患との関連、妊娠中の注意

① 喫煙と歯周病
喫煙は歯周病リスクを高めます。ニコチンは免疫力を下げてしまいます。歯周病の治療も改善しにくくなります。一酸化炭素も血管を縮めてしまうので血流が少なくなり、白血球が出てこられなくなり細菌に対して抵抗力が弱ります。歯茎の繊維化が起こり、黒ずんでくることもあります。禁煙で歯周病リスクを40%減らすことができます。
② 心臓病と歯周病
一見関係のないように思うこの2つですが、歯周病菌(Pg菌=Porphyromonas gingivalis)の刺激により動脈硬化が促進され血管にプラークができ、心臓の血管に詰まったりします。狭心症や心筋梗塞のリスクが上がるとされています。
③ 糖尿病と歯周病
糖尿病になると歯周病になりやすくなるのは、最近ではよく取り上げられていますね。糖尿病自体が細菌感染しやすくなるので、歯周病のような慢性疾患は進みやすくなります。一方で歯周病の方は歯周病菌表面の毒素の影響で血糖値が下がりにくくなり、糖尿病自体を悪化すると報告されています。
④ 誤嚥性肺炎と歯周病
最近では、少し馴染み深くなってきた誤嚥性肺炎は、ご高齢の方に多い症状です。そもそも高齢者の死亡原因で多いのが肺炎です。高齢者になると飲み込む力が弱くなったり、間違って気管に食べ物が入ってもムセなかったり、咳の力が弱く外に出すことができない。寝ている時に気づかないうちに、唾液等が気管に入ることによって起こります。
⑤ 骨粗鬆症と歯周病
女性は閉経後、女性ホルモンの分泌低下により骨密度が低下し、脆くなります。顎の骨も影響を受けるため、歯周病に対して抵抗が弱くなります。
⑥ 早産と歯周病
歯周病が進行していく際に、体で炎症反応を受けてプロスタグランジン(司令物質)が作られます。この物質は炎症時に出現します。陣痛促進、子宮の収縮などが起こり、早産のリスクが上がると言われています。妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、歯周疾患が悪くなりやすいです。安定期に入れば、定期的なクリーニングをお勧めします。

口臭について

朝起きて口臭を感じたり、人と話してる時に不意に口臭気になったりしたことはないでしょうか?口臭はコンプレックスにもなりますし、人と話すのが億劫になったり無意識に生活に影響が出ているかと思います。口臭抑制の歯磨き粉、うがい薬様々なものがありますが一時的な効果しか見込めないことも多く、きちっと原因を調べる必要があります。

そもそも病的な口臭と生理的口臭と2種類あります。生理的というのは通常の状態でも口臭がするということです。起床時、緊張時、空腹時など口の中が乾きやすい状態では口臭がしやすいです。他にもホルモンバランスで起きる口臭、思春期、妊娠時、更年期に起こります。こういう生理的なものは、病気のせいではなく健康でも起こりますので基本的は治療の対象にはありません。

病的口臭にはお口の原因、鼻喉などの疾患、全身疾患、大きく3つに分類されます。お口に原因があることが多いですが、例えば蓄膿症や扁桃腺炎など耳鼻咽喉科疾患が原因の可能性や、胃腸疾患のこともあります。糖尿病や肝臓疾患でも影響が出ると言われています。口腔内の原因では

という原因が多いと思います。