WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

歯の根の治療|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

歯の根の治療

Tooth root treatment

Tooth root treatment歯の根の治療

歯の根の病気とは

歯の構造は歯の頭の部分(歯冠)と歯の根の部分(歯根)の部分に分けられます。歯の根の部分は通常、歯茎に隠れていますので直接見ることはできません。その隠れている部分にまで虫歯が進んでいる状態なると、歯の根の病気になります。

歯の根の病気とは

虫歯が大きくなって虫歯菌が歯の根の内部に進んでいきます。(この頃になると、神経を刺すような痛みが生じる場合が多いです。)
細くなった部分に虫歯が進んでいきます。
先端に炎症が起きて、膿が溜まります。

レントゲン検査では

①虫歯を放置すると根の病気に
虫歯を放置すると根の病気に
歯の頭(歯冠)が大きく無くなっており、虫歯が大きく歯が割れている状態です。虫歯を放置されており、根の細いところにまで細菌が侵入し、根の先に黒い大きい影ができました。膿んでいる様子です。
②一度神経治療した部分にできることも
一度神経治療した部分にできることも
一度治療したところに影ができることもよくあります。白く細長いものは神経治療後に入れるゴム栓です。根の先に黒い影ができています。被せの隙間から細菌が侵入したり、前回の治療時から根の隙間に隠れている細菌が増えたり、歯が割れたりヒビが入ることで起こることもあります。
③まれに虫歯や破折もないのに根の病気になることも
まれに虫歯や破折もないのに根の病気になることも
過去に歯をぶつけたり、過度な歯ぎしり食いしばりで起こるとされています。徐々に神経がやられてきて神経が腐ってしまうことがあります。痛みがなくても神経がやられてしまうことがあります。

歯の根の治療

歯の根の治療を専門用語で「根管治療」と言います。

根管治療で代表的なものに ①抜髄処置 と ②感染根管処置 があります。
他にも特殊な処置として ③歯根端切除術 ④意図的再植 などがあります。
それでも難しい場合は ⑤分割抜歯(ヘミセクション、トライセクション) ⑥抜歯などの処置になります。

歯の根の治療

抜髄処置と感染根管処置について

抜髄処置も感染根管処置も治療内容については大きく変わりません。

部分的にまだ神経が生きている状態で行う処置を抜髄処置と言います。これは先端部の神経が生きている場合、根の先で神経を切断しているため、神経を抜くという形になります。

一方、感染根管処置は根管内がすべて感染している状態、要するに神経が全部死んでしまっている状態の場合に行います。どちらも行う作業は同様で、根管内の虫歯をとるという作業を行います。

虫歯治療は本来、タービンと言われる削る機械で削り取ります。ただし、根管は非常に細くタービンを使用すると少しでも手がブレると歯に穴が空いてしまいます。そこで、ファイルやリーマーと言われる爪楊枝のような大きさの細い歯のついた針金を使用し、根管内部の壁について虫歯をこそぎ落とす作業を行います。

これらは手で使用したり、低速で回転する器械で使用します。
綺麗に掃除をして、消毒し最終お薬を詰めます。お薬を詰めることで細菌の繁殖スペースをなくして、再感染するリスクを防止します。この再感染を防止することが根の治療の最大の目的になります。
その後土台を入れて、被せ物等で元に戻していきます。

治療回数

根の治療は根の掃除している回数が3〜4回程度(早い時は1回)が一般的です。
その後、土台を立てる作業、被せを入れる工程が3回程度かかります。1本の歯を治療するのに5〜7回程度かかります。

注意事項
※根の治療は他の治療に比べて治療回数がかかります。治療が進んでいる実感がないため、患者さんが途中で離脱される方がおられます。治療中は仮蓋になるため、中断されますと中で虫歯が進行してしまい、抜歯になってしまうことがよくあります。自己中断は控えてください。もしやむない事情で期間が空く時は、歯科医師にご相談ください。

自由診療と保険診療の違い

保険治療と自由診療の違いは、使用する器具、使用薬剤、マイクロスコープ、ラバーダム、CTが変わってきます。

目的 器具、材料 保険診療(保険内) 自由診療
診断精度に関わるもの マイクロスコープ なし 使用
歯科用CT 必要あれば撮影 必須で使用
作業効率
(治療時間短縮)
NiTiロータリーファイル 必要あれば使用 使用
再感染防止
(また悪くならないために)
ラバーダム なし 使用
バイオセラミックシーラー なし 使用
  • マイクロスコープ:顕微鏡による精密治療、最近取り残し防止。
  • 歯科用CT:精度の良いレントゲン、複雑な根管も画像再現できる。
  • NiTiロータリーファイル:根管の壁の感染を効率よく除去。治療時間の短縮になる。
  • ラバーダム:治療中の唾液の混入を防いだり、強力な薬剤での洗浄ができる。
  • バイオセラミックシーラー:最終詰めるお薬。歯とくっつく材質のため、保険の材質より封鎖性が上がるため、再治療のリスクを下げることができる。

その他の治療

感染根管処置でも治癒しないケースがあります。そのような場合は次の治療に移ります。

①歯根端切除術
歯根端切除術
感染した歯の根の先端を切り取り、横から外科的に細菌などを取り出す方法。
横の歯茎から骨を少し削り取り、根の先端を横から覗きます。膿の中の歯の先端を切り取り膿と一緒に取り出します。縫合して治癒を待ちます。骨の回復には2〜3ヶ月、レントゲンでわかるようになるには4〜6ヶ月ほどかかります。
②意図的再植
根に病気がある場合、一度抜歯処置を行って、根の先を封鎖と膿の部分を掻き出して綺麗にしてから、元に戻す方法です。一度抜歯をするので歯にダメージが少し出やすいのと、固定期間が必要になります。
③トライセクション、ヘミセクション
日本語で分割抜歯と言います。これはヒビや破折があってどうしても根管治療で治らない場合は、奥歯で根が2つ以上あるときに限って治らない部分を抜歯します。

根の治療の成功率(参考)

根の治療の成功率(自由診療で行なった場合)
抜髄
(初回の根の治療)
先端に病気なし 90%以上
先端に病気あり 約80%
感染根管処置
(再治療)
先端に病気なし 70〜80%
先端に病気あり(先端破壊あり) 約50%

参考文献:
1, Y-L Ng , V Mann, S Rahbaran, J Lewsey, K Gulabivala. Outcome of primary root canal treatment: systematic review of the literature -- Part 2. Influence of clinical factors. Int Endod J. 2008 Jan;41: 6-31.
2. U Sjogren , B Hagglund, G Sundqvist, K Wing. Factors affecting the long-term results of endodontic treatment. J Endod. 1990 Oct;16:498-504.

歯の根の治療に関するよくあるご質問

根の治療は回数どれくらいかかりますか?
病気の状態にもよりますが、3〜4回で終わることが多いです。再治療の場合は治っている兆候を確認してから進めることもありますので、回数が増えることがあります。
神経を抜いたのに痛むのはなぜですか?
神経を抜くと表現しますが、実際はちょん切っています。神経の切り傷が痛むことがあります。2〜3日で落ち着くことが多いです。もしくは、神経を一度治療していても根に膿が溜まって傷を作ることがあります。そのため、噛んだ時に痛みが出る場合があります。
神経を抜いているのに、治療の時麻酔をするんですか?
麻酔は必要です。神経を切ってる部分の近くを器具で触ります。器具を入れた圧力が加わって、治療中痛みが感じる場合があるからです。
治療中の仮蓋が取れてしまいました。すぐに行った方が良いですか?
仮蓋は噛んだり、当たったりすると少し削れてきます。凹んで取れた感じがする場合があります。実際は仮蓋が残っているケースが多く、問題ないことが多いです。
他院で根の治療ができないので歯を抜かないといけないと言われました。
やはり歯を抜くしかないのでしょうか?
CTを撮影し治療できるか判断させていただきますが、根管治療が前回の治療が不十分で、治療での改善が認められる見込みがあれば再治療を行います。再治療を行っても難しい時は、外科的に根の先端を切断して悪いところをすべて取り除く方法をとります。(部位の制限あり)それを行っても難しい場合は抜歯になることはあります。
また、神経治療ができたとしても残っている歯の量が少なく、もう一度強度的に被せ物ができない場合も抜歯になることがあります。
保険治療の根管治療と自費治療の根管治療は何が違うのですか?
保険治療と自費治療で、使用できる器具と治療の精度が変わるとお考えください。自費診療の場合、必ずラバーダムと言われる膜を張ります。これは治療中の周囲からのバイ菌の侵入を防ぐことにより治療の成功率を上げるとされています。
またCTを撮影し根の中の状態を正確に把握します。患者様専用の器具を使用します。(Ni-Tiファイル)曲がった根管の治療もスムーズに進めることができます。マイクロスコープを使用します。細かい部分も確認でき、汚れやバイ菌の取り残しを限りなく少なくします。一回の治療時間を長く取って、治療回数を減らします。