WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

無料歯科用CT診断|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

無料歯科用CT診断

CT scan

CT scan無料歯科用CT診断

歯科用CT
(精密レントゲン)

歯科用CT

全ての患者様の診断にCT検査データを使用します。

ステラ歯科クリニックでは初めて来られる患者様に無料歯科用CT検査をさせていただきます。(放射線の問題がありますので、ご希望されない場合は致しません。)

保険治療で歯科用CTが認められるものは、難しい根の治療やごくごく限られたケースでしか認められません。自費になりますと1~5万円程度かかる医院が多いと思います。

歯科用CTの有用性

CT画像

CT画像

複雑な体の中の骨や歯の根、神経や血管、噛み合わせなど様々な様子を3次元的に描写することができます。
また、その3次元的な画像を必要な方向に合わせて自在に断面図を出すことができ、より様々な必要な情報をみやすく表示することができます。

いろんな診療分野に応用ができます。

一般歯科
歯と歯の間の虫歯の検出、歯が割れているかの診断、歯周病の状態(歯槽骨の状態)を立体的に見ることができます。
口腔外科
親知らずの生え方位置、神経管との距離の計測により抜歯のリスク判定や抜歯の手助けになります。嚢胞などの骨の中にできる病気の診断や唾石などの石ができるような病気の検出もできます。上顎洞と言われる副鼻腔の病気、副鼻腔炎や粘液貯留嚢胞などの診断にも使います。
小児歯科
歯が生えてこないなどの埋伏歯の位置の確認、過剰歯という余分な歯の状態、矯正治療における埋伏歯の萌出方向の確認、まだ埋まっている大人の歯の大きさの把握をします。
矯正治療
歯を支えている骨の状態、薄い部分があると無理して動かすと歯がぐらついたりします。特に前歯の骨の幅の確認や欠損部の骨の状態を確認します。
インプラント外科
インプラント予定部の骨の状態、骨が足りなくて造成して作る部分の治療計画、神経血管の位置の確認をします。

この他にもたくさんのことに使用します。
当院はこちらが必要とさせていただいた場合、基本的にCTの費用はいただいておりません。
(ご興味でみたいと言う場合やCTのデータが欲しいと言う場合は3万+税かかります)

歯科用CTのデメリット

唯一のデメリットは被曝の問題かと思います。

被爆線量の比較(単位はミリシーベルト)
比較物 被曝量
デンタルX線撮影 0.01
パノラマX線撮影 0.015
歯科用CT 0.1
東京-ニューヨーク航空機旅行(往復) 0.19
胃のX線集団検診1回 0.60
頭部X線CT検査 2.00
日本の自然放射線被爆量(年間) 2.10

あまり知らない方もいらっしゃると思いますが、普段我々は太陽光を浴びて生活していますが、太陽光の中にも放射線が混じっています。飛行機など高い場所に長時間いると太陽光に近づくことになるため、放射線を多く浴びます。ニューヨークまで飛行機に乗りますと歯科用CTの2倍量を受けることになります。CAさんやパイロットの方が放射線の影響で病気になりやすいという話はあまり聞きませんよね。それくらいの安心していただいて大丈夫かと思われます。


医科用CTと比べても約1/20程度の被曝量となります。それと引き換えに得られる歯科用CTの情報量は多いと思いますが、個人の価値観にもよるところですので、ご心配な方には致しません。