WEB予約はこちら
MENU

審美歯科|大阪市旭区千林大宮駅の歯科・歯医者 - ステラ歯科クリニック千林大宮

審美歯科

Cosmetic Dentistry

Cosmetic Dentistry審美歯科

見た目の改善(審美歯科治療)

患者様からよくあるお悩みで、

  • 前歯の歯の色に自信が持てない
  • 銀歯が目立つので思いっきり笑うことができない
  • 歯並びが気になってる、綺麗にできたら笑顔にじしんがつくのに

など、見た目がコンプレックスとなっていることも多いと感じます。

ステラ歯科クリニックでは、ただ見た目の改善をするだけでなく、それが長期間機能するように何が最善の方法かをご提案できると思います。
機能的に(噛める、長持ちする)きれいにするというのが非常に大切です。

審美性改善の種類

一般的にセラミック(陶材)という材質を使用することが多いです。生体親和性(体との馴染みがよい、アレルギー反応が出にくい)がよく、色調再現性(自然な色合い)にも優れ、長期的安定性(色の変色がしにくい)において利点と言えます。

他にも、

  • ① 歯の着色においてはクリーニングすることで汚れが落ちて綺麗になる。
  • ② ホワイトニングなども選択肢に入ってきます。
  • ③ その他に、見栄えを解決するという意味では矯正治療も審美治療になります。

美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

Whiteningホワイトニング

ホワイトニングとは、歯をブリーチ(漂白)して白くする方法の一つで、ご自身の健康な歯自体を白くするものです。削ったり、貼ったりなどのことは一切しません。加齢や遺伝により黄色くなっている歯に薬剤(過酸化水素、過酸化尿素)を使って白くするやさしい審美治療です。過酸化水素はオキシドールとも呼ばれ傷口の消毒にも使われる薬剤です。

より安全で確実な効果を得るために、まずはお口の中を健康な状態にしてからホワイトニングを行います。むし歯治療や歯周病治療を優先しないといけない場合は個別にお話しさせていただきます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、クリニックで行うホワイトニングです。短い時間で歯を白くできるので、即効性に優れています。2回かけると一般的に白くなりますがもう少し白くされたい方にはもう1回することもあります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングです。
歯科医院で「マウストレー」を作成し、ご自宅でそのマウストレーに薬剤を入れて行います。少しずつ白くなっていくので白さを実感するのに2週間~1ヶ月ほどかかりますが、オフィスホワイトニングより持続時間を長く保つことができます。1日4~8時間していただきます。就寝中でも構いません。

パーフェクトホワイトニング

パーフェクトホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する治療です。費用はかかりますが、はっきりとした白い歯にすることができ、歯の白さを長期間保つことができます。

Crownクラウン(被せ物)

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミックス オールセラミックス

特徴

セラミックは透明感や透け感、微妙な歯の色を再現するのに向いています。歯自体と硬さも近いため、機能的にも安定します。長期的な色調変化もしにくいため、長期的に使用することができます。生体親和性にも優れているため、アレルギー等も起こしにくい材質です。

デメリット

  • 自由診療で費用が上がる。固い衝撃が加わるとかけたり、割れたりすることがある。(保険外治療)
硬質レジン、ハイブリットクラウン(セラミックとレジン) 硬質レジン、ハイブリットクラウン(セラミックとレジン)

特徴

プラスチックの素材でセラミックより柔らかい。部位によっては保険適応になる。比較的安価。白い材質で金属の材質に比べると目立ちにくい。

デメリット

  • 白くできるが色合いがのっぺりしたような単色に近い。反射して逆に色合いが浮いた感じになる。時間が経つと水を含んで着色変化を起こす。茶色く濃くなることが多い。強度も劣るためすり減ったり、かけたりしやすい。(保険治療)
ジルコニアクラウン ジルコニアクラウン

特徴

金属の白い被せ物です。金属といっても分類でいうと金属ですが、見た目はセラミックに近いです。セラミックよりも強度があり非常に固いです。ブリッジにも使えます。最近では色のバリエーションも増え、色調も合わせやすくなりましたが、その点はセラミックには劣ります。

デメリット

  • 逆に固すぎるので噛み合わせ等考えて使わないと周囲の健康な歯がすり減ったりします。固すぎるゆえ万が一トラブルで外す必要がある場合は非常に時間がかかります。(保険治療)
メタルボンドクラウン メタルボンドクラウン

特徴

金属の被せの上にセラミックを貼り付ける方法です。金属の被せ使用するので歯との適合性では優秀です。金属被せ物の土台ですので、義歯(入れ歯)の金具がつくような部分には最適です。

デメリット

  • セラミックも盛り上げるため、セラミック部分が少しかけやすくなったりします。透明感はあまりありません。ジルコニアクラウンが出てきてからは使用頻度が下がりました。金属アレルギーのリスクがあります。(保険外診療)
ゴールドクラウン ゴールドクラウン

特徴

白くはないですが昔からある金属です。金合金などで作られた比較的柔らかい金属です。適度に柔らかいためすり減ってくれたりしますので、周囲の歯にも優しいとされています。昔からある理由として、むし歯になりにくく噛み合わせにも良いてされています。

デメリット

  • 見た目が白くないので審美的ではありません。以前の医院では見た目が気にならないように上の歯の奥歯等で使用することが多かったです。(保険外診療)
金銀パラジウム合金クラウン 金銀パラジウム合金クラウン

特徴

いわゆる昔からある銀歯です。非常に固く強度があります。

デメリット

  • 金属代が高騰しており原価が上昇しており、今後は使われなくなっていく可能性があります。パラジウムという金属がアレルギー起こしやすい金属として有名です。(保険内診療)

Q&A

セラミック矯正ってなんですか?
セラミック矯正という言葉がありますが、矯正治療とは別物なので注意が必要です。セラミック矯正とは歯並びが悪い方に対し歯を移動させて見た目を作るのではなく、歯を削って被せ物などで形、大きさ、方向、向きを改善するというものです。歯を削らないといけないですし、歯の神経自体を抜く必要が出てくる場合や位置が悪い場合は抜歯をすることもあります。この治療は審美性にはある程度の結果と短期間で終わるというメリットがあると思います。ただ、機能性(長期安定、噛める、壊れたりしない)という面から言うと不安が残ります。歯を削ったり、神経を抜いたりするとその歯の寿命が短くなってしまうからです。以前は私が務めていた医院にもセラミック矯正で失敗したどうにかして欲しいなどの相談をたくさんいただきました。全てが悪いともうしませんし、患者様にとって本当にそれがベストな選択肢だったらいいと思いますが、歯を削ることが多くなるため一度してしまうと後戻りできない方法です。
メリットデメリットをきちんと理解されてすることが大切です。