WEB予約はこちら
MENU

一般歯科|大阪市旭区千林大宮駅の歯科・歯医者 - ステラ歯科クリニック千林大宮

一般歯科

Medical

歯を悪くしていく原因は
大きく3つあります。

Cariesむし歯

むし歯自体はなんとなくご存知とは思いますが、なりやすい人・なりにくい人がいます。

図

歯の硬さ、強さ

むし歯のなりやすさには 歯の硬さ、強さ、唾液成分(宿主因子)があります。これらは遺伝的な要素が強く、『うちの家系はむし歯少ないんよ~』と言うのはあながち間違いではないかもしれません。これは私個人的な感覚ですが、歯を削ったりすると人それぞれ歯の硬さは違います。歯が硬い人は下の骨も硬いことが多いです。歯が硬い人、骨が強い人はむし歯菌に対する影響が少ないと言えます。
唾液の成分にはむし歯が出した酸を薄めてくれる作用(緩衝能)があり、薄める能力や唾液量も人によって様々です。

細菌

細菌の種類、質もむし歯の出来やすいさに関係があります(細菌因子)。細菌にも種類があり、強力な酸を出すもの、あまり悪さしないものまで様々です。一般的にむし歯菌は子どもの頃のお母さんやお父さんの口移し等で移るとされています。歯磨きで菌の数は一時的に少なくできても撲滅することができず、時間が経てばすぐ増えてしまう状況になります。一旦住み着いてしまったむし歯菌は退治することは難しいと考えてください。うまく付き合うことが大事になってきます。

砂糖の摂取

食事などのバイ菌の栄養(砂糖等)となるものも影響してきます。糖分はバイ菌の食べ物で排泄物として酸を出すイメージです。バイ菌の栄養となるものをできるだけ口にしないと言うのはむし歯リスクを避けることができます。注意していただきたいのは、ジュースなどの飲み物でも起こります。よくあるのは、缶コーヒーをよく飲まれる方、部活動で栄養ドリンク、スポーツ飲料を飲む方は要注意です。微糖と書いてあっても相当な量の砂糖が入っています。
飲みっぱなしで放置していると、唇と歯の間に砂糖がたまり、歯の根元近くがむし歯になることが多いです。
キシリトールは代替甘味料といい、甘さは感じますがむし歯の栄養分にはならないので細菌が酸を作れなくなります。さらに、唾液分泌促進や再石灰化も期待でき歯を硬くすることができます。食後にキシリトールガムを使うのがいいかと思います。

食生活、食習慣

最後に時間です。食事と関連しますが、ご飯を食べるなと言われても人間が生きていくためにも必要なものなので食べないわけにはいかないですが、食べる時間や間食の仕方に問題がある場合があります。だらだら食べと言われるものです。(ステファンカーブ)口の中に食べものを運ぶと入れた瞬間から酸性に傾きます、だらだらと口の中の酸性の状態がずっと続いてしまい、歯が溶けるリスクが上がるというわけです。きちっと時間を決めて、3時に食べるなどきめてしばらくお口にものを入れないメリハリが大切です。

宿主因子、細菌因子はご自身の持って生まれたものや生まれてすぐ備わったものなので、改善することは難しいです。
日々の歯ブラシも大切ですが、乱れた食生活改善してみてはいかがでしょうか?

むし歯の進み方

初期むし歯(エナメル質内)C1

初期むし歯(エナメル質内)C1

表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。この時点ではあまり症状はありません。見た目が少し黒くなってきたかな?フロスが少し引っかかるな。程度の違和感です。痛みもなく、検診で見つけることができた場合、早期に対応し次のステージに行く前に治療しましょう。本当に初期の場合は適切なブラッシングとフッ素塗により治癒するケースもあります。

軽度むし歯(象牙質内)

軽度むし歯(象牙質内)C2

表層のエナメル質を超えて内部の象牙質の層にまでむし歯が進んだ状態です。一般的に神経に近づいてくるため、しみたり痛みが出てくる場合が多いです。C1の状態よりは範囲が大きいため、治療の後が大きくなります。神経も近いことが多く、神経保護処置も一緒にしないといけないケースもあります。むし歯を取った後の大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

中等度むし歯(歯髄到達)

中等度むし歯(歯髄到達)C3

神経まで進行したむし歯。しみるような症状から何もしてないのに痛い、刺激で痛みが何分も続く、寝れないぐらい痛い、というような症状になっていることが多いです。更に進むと神経がやられて急に痛みがなくなることもあります。治ったわけではなく、進行しすぎているということです。

重度むし歯(歯冠崩壊)

重度むし歯(歯冠崩壊)C4

歯の形が失われつつある状態です。一見歯があるように見えても内部で進行が大きく、むし歯を取るとほぼ歯牙がなくなってしまう状態です。ここまでいってしまうと、病気が根の先の方まで進んでいます。根の先に膿がたまり、再度強烈な痛みが生じます。抜歯を必要とします。抜歯後は、インプラント、義歯(入れ歯)、ブリッジから選択し歯を元に戻します。

むし歯の治療(修復処置、補綴処置)

私たちはむし歯があると治します。これを専門用語で修復処置と言います。歯という組織は体の外に出ている組織なので、皮膚や骨のように放っておくと勝手に治るということは起こりません。大抵ひどくなっていき症状が悪化し、ほっておくと抜歯になる場合もあります。むし歯がある時、みなさんは歯を削られている感覚ですが、私たちはむし歯および周囲のむし歯菌で汚染されたところを取り除いて健康な部分だけの残るようにします。そうするとむし歯をとったところは凹んだままになり、食べ物が挟まったり、神経が近く痛かったり、むし歯再発リスクを伴います。そこで材料を接着剤で貼り付けてもとに戻します。この接着剤でくっつけているというのがキモになります。

治療の種類

1. コンポジットレジン修復(CR修復)
むし歯の部分が小さい時や咬合力が強くかからない部分に適応されます。近年では強度も出てきて適応が広がっています。プラスチック(レジン)にガラス成分(シリカ)を混ぜ、強化型プラスチックとして、接着剤(ボンディング剤)を使って歯と接着させます。水分を吸収するので継時的に色が濃くなっていくことが多いです。強化していますが、経年的に削れてきたり、過度な衝撃が加わると取れることもあります。
2. インレー、アンレー修復
むし歯の範囲が広がっている時や歯の間に大きく広がる時、CRでは噛む力に抵抗できない時に適応されることが多いです。強度が必要になるため、型をとってセラミックや金属などで作成したものを接着剤で歯に接着します。CRより強度があるため、咬む面(咬合面)が含まれているケースで適応できます。ただし、型取りをするために適した形に整えるので、CR修復より範囲が大きくなります。よって金属で治すと色が目立ったりします。セラミックを使用すると審美性もよく、ご自身でこのきれいな状態を保ちたくなるはずです。実はこれが一番歯を大切にするのに重要かもしれません。 接着剤も種類があります。機械的結合と化学的結合と接着する作用が二つあります。合着と言われる機械的結合のみのもの。接着と言われる機械的結合と化学的結合の両方の接着力を持つものです。自由診療(自費)で使われる強い接着剤は後者のもので、一般的に長持ちしやすいとされています。

詰め物(インレー、アンレー)の種類

実は治療には選択肢があります。選ばれたことがない方も多いと思います。詰め物にもいろんな種類の詰め物があり、白い物、むし歯になりにくいもの、安価なものとあります。それぞれメリットデメリットを下記よりまとめてみます。

インレー

① オールセラミック

オールセラミック

  • メリット:白い材質で審美性がよい。歯に似た透過性も持ち自然な仕上がりになる。歯と強度が近く、むし歯になりにくい。アレルギーが非常に少ない。
  • デメリット:自由診療のため、コストがかかる。力が強い人が固いものを噛んだり、激しい歯ぎしりなどで欠けたりすることがある。

② ゴールド

ゴールド

  • メリット:むし歯の再発が起こりにくい。金合金であるため、金属の中では柔らかく歯の隙間も馴染みやすい。
  • デメリット:色が金属色であるため、審美性は優れない。自由診療のためコストがかかる。

③ 金銀パラジウム合金(メタル)

金銀パラジウム合金(メタル)

  • メリット:保険適応のためコストが少ない。(安価)
  • デメリット:見た目が金属色になる。金属の中では固く、歯との適合性が劣る。接着剤が劣化しやすいのでむし歯再発リスクが高い。

被せ物の治療

もっと歯がなくなった場合はどうなるでしょう?例えば神経を抜かないといけないくらい大きい場合、インレー修復では難しい場合は歯を全周ぐるりと取り囲むように、上からはめ込んでしまう被せ物にします。全周人工物に覆われる形になりますので、補強した形になります。噛み合わせも作ることができます。こちらの治療も一見強そうに見えるのですが、接着剤を使用してくっつけているのには変わりありません。

被せ物(クラウン)の治療

もちろん被せ物にも種類があります。

クラウン

① オールセラミッククラウン(前歯、小臼歯に使用されることが多い)

オールセラミッククラウン

  • メリット:白い陶材で審美性がよく、透明感があるため天然歯と同じくらいまで色調再現できる。使用する接着剤も強く、土台の歯と一体になるので強度があがる。アレルギーが非常に少ない。色の変色がなく、経年的にも綺麗に保つことができる。
  • デメリット:陶材なので固くて脆い。固いものが当たったりすると、欠けたりすることがある。

② デジタルセラミッククラウン(主に臼歯に使用されることが多い)

デジタルセラミッククラウン

  • メリット:セラミックのブロックを削り出して作るため、オールセラミックより強度がでる。オールセラミックほどではないが色調再現性に優れている。金属アレルギーの心配がない。
  • デメリット:色の種類が限られてるので、完全に合わせるのは難しい。コストがかかる。オールセラミックより精度は若干劣る。

③ ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

  • メリット:非常に固く、白い金属と考えてください。金属の中ではアレルギーは出にくいとされています。強度もあり、ブリッジにも使えます。こちらも審美性もありますが、透明感はオールセラミックほど出ません。
  •  
  • デメリット:固いので弱い歯の上につけると逆に土台が壊れたり、歯が折れたりするリスクがあります。オールセラミックよりは精度が劣ります。

④ ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

  • メリット:他の金属に比べて柔らかい。周囲の歯を痛めつけにくい。歯のとなじみがよく、むし歯の再発リスクは低いと言われている。 
  • デメリット:色が金属色であるため、審美性は劣る。

⑤ 金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

  • メリット:保険治療範囲内なので比較的安価。固い金属ため壊れにくい。
  • デメリット:金属が固すぎるので、接着剤の劣化おきやすいためむし歯が再発しやすい。金属アレルギーのリスクがある。審美的に悪い。

Periodontal歯周病

歯周病ページを見る

Chewing force噛む力(咬合力)

みなさんが一番イメージ湧きにくいのが、噛む力で壊れていくということです。
個人的にはみなさんに一番知っていてほしいことです。
この間治療終わったのに、治療したところがまたむし歯って言われた。
こんな経験ないですか?

むし歯治療の治し方

歯という組織は体の外に出ている組織なので、皮膚や骨のように放っておくと勝手に治るということは起こりません。大抵ひどくなっていき症状が悪化し、ほっておくと抜歯になる場合もあります。むし歯がある時、みなさんは歯を削られている感覚ですが、私たちはむし歯および周囲のむし歯菌で汚染されたところを取り除いて健康な部分だけの残るようにします。そうするとむし歯をとったところは凹んだままになり、食べ物が挟まったり、神経が近く痛かったり、むし歯再発リスクを伴います。そこで材料を接着剤で貼り付けてもとに戻します。この接着剤でくっつけているというのがキモになります。

接着剤の劣化?

材料もコンポジットレジン(強化型プラスチック)、メタルインレー、セラミックインレーなどありますが、すべて接着剤で歯にくっつけます。歯の内部には水分も多く、濡れた紙に接着剤を使うのと同じで、もともと材質的にはくっつきにくいものになります。治療後から修復された歯は噛むのに使うので、材料や接着剤の劣化が始まります。噛む力や歯ぎしり、噛み合わせ等で劣化の速度は変わりますが、劣化が進むと材料と歯の間に隙間が空いてむし歯が侵入する経路になります。歯ブラシをどんなに頑張っていただいても、できた隙間には毛先は入りません。

2次カリエス

要するに、一度接着剤の劣化が起こり、隙間ができると2次カリエスと呼ばれるむし歯が進んでしまいます。これは、歯磨きを一生懸命磨いても止めることができません。基本的には予防は難しいです。噛む力が原因でなっていることなので、マウスピースをつけたり、歯並びが悪い方は矯正治療をしたり、詰め物の種類を変えるということもいい方法だと思います。

検診と予防が大切

患者様が「検診通っているのに、どうしてむし歯ができるの?」とおっしゃられることがあります。その気持ちもわからなくはありません。予防というとむし歯をならないように予防しているんだという印象を受けますよね。これには少し語弊があります。正確には、むし歯に関しては早期発見早期治療するという検診という要素が強く、歯周病に関しては実際に炎症リスクを下げるため予防という要素が強くなります。再度申し上げますが、2次カリエスは予防が難しいので、実際には早期発見、早期治療が一番いいと思います。大きくなってからの治療になるとダメージが大きく神経を抜いたり、抜歯になったりと歯の寿命が短くなってしまいます。歯周病については歯石除去をしておくことでの予防、むし歯は特に2次カリエスについては早期発見して必要であれば早期治療が望ましいと思います。