WEB予約はこちら
MENU

予防・ケア|大阪市旭区千林大宮駅の歯科・歯医者 - ステラ歯科クリニック千林大宮

予防・ケア

Preventive dentistry

Preventive予防・ケア

クリーニングメンテナンスを通じて、美容室やマッサージ、エステに行くような感覚で気持ちよく綺麗になってもらえたらと考えています。歯茎が引き締まる、さっぱりする、歯の白さが戻る、口臭の軽減、お口の爽快感、歯をツルツルにして気持ちよく笑顔で帰っていただきたいそう思っております。

予防歯科とは歯周病の予防と虫歯の早期発見治療を目的として、現状を極力維持するように努めていくことです。定期的に検診にかかり、チェックしておくことで気づかないうちに進む虫歯や歯周病に対してダメージが出る前に処置することで、急激な口腔内環境の悪化を防ぐことができます。

虫歯の再発

虫歯の再発が起こるのはいくつかの理由があります。

生活習慣・食習慣

象徴的な話ですが、どれだけ定期検診に通ってもずっとチョコレート食べたり、不規則な生活が続いたり、甘いジュースばかり飲んでいたり、虫歯になりやすい環境が残っていると定期検診に行ったとしても、虫歯ができるスピードの方が早く再発してしまいます。生活習慣の改善や食生活の見直しが必要になります。

2次カリエスと言われる治療した部位の虫歯の再発にも注意が必要です。接着剤の劣化によって詰め物、被せ物は虫歯の再発リスクを抱えます。いつ接着剤の劣化で隙間が空き、虫歯再発が起こるかは噛む力や噛み合わせによっても違ってきます。ただ、虫歯進みだすと急に進むので定期的にチェックが必要です。

歯と歯の間に突然虫歯ができることがあります。クラックカリエスと呼んでいますが、歯と歯の間は圧力がかかった状態で密着しています。長期的に使う歯は長年の圧力によって急にヒビ(クラック)が入ります。クラックの幅はおよそ10マイクロ、細菌の幅は1マイクロと言われており、一回ヒビが入ってしまうと汚れが多い部分なのですぐ虫歯になってしまいます。フロスをしていても完全に防ぐことはできません。この辺りも定期的にレントゲン等で確認しておく必要があります。

→虫歯はフッ素塗布などで予防できますが、基本的には早期発見、早期治療と考えます。予防に行ったからと行って絶対虫歯にならないわけでもないです。悪くなりすぎる前に手を打っておくことが大切です。

予防

予防

歯周病の予防

歯周病の予防は定期検診時のメインの処置になります。歯周病は生活習慣病と考えます。日々のメンテナンス次第で病態が良くも悪くも変化します。ブラッシング時の取り残しはプラークとなり歯周病菌の住処になります。その後、歯石となり歯茎の炎症へとつながっていきます。一度破壊された歯周組織は再生することはありません。よって歯周病予防というのは現状の健康維持が目的になります。

TBI(ブラッシング指導):患者様それぞれのブラッシングに合わせて、苦手にされている部分を知っていただくのと適した磨き方をお伝えさせていただきたいと思います。
スケーリング、ルートプレーニング(SRP):下の歯の裏側等いくつか歯石つきやすい場所を重点的に歯石とりします。

噛む力(咬合力)

100点の歯磨きを毎日続けていれば、トラブルなく虫歯は増えないのか?答えはNoです!天然の今まで虫歯になってない歯はもちろん強い歯ではありますが、長年使っているうちにヒビが入ったり、歯茎が下がって根の部分が露出したりします。ヒビが入りやすい歯と歯の間や根面と言われる歯の根の部分は虫歯の好発部位に挙げられ、徹底的に歯磨きしたとしても虫歯になってしまう可能性があります。特にヒビは歯の疲労骨折のようなものなので、今まで虫歯がなくても40〜50歳代くらいで急に虫歯ができることがあります。歯は毎日使うものなので防ぐことは難しいかと思います。噛む力や硬いもの噛むのが好き、歯並び、歯ぎしり食いしばり等のよって虫歯ができる具合は人によって様々です。逆を言えば、いつなってもおかしくないということです。虫歯が今までないからというのは安心材料になりません。これも定期的にレントゲンや検査で定期的にできていないかチェックする必要があります。必要であれば噛み合わせのご相談やマウスピースのご案内等、患者様に応じて提案させていただきます。

最近、前の歯並びが気になってきた、以前よりガタガタしてきた気がする、隙っ歯がひどくなってきたそういったこと気になることはないでしょうか?以前の病院でもそういったお悩みをいただきました。噛み合わせや歯並びも日々少しずつ変化します。一般的に奥歯は少し前の方に傾斜して生えていることが多いです。すると噛む力の影響で奥歯が手前に持たれかかる形で前に寄ってきます。そうすると前歯にもスペースがないためガタつきが起こり、ガタガタになってきたりします。健康な歯が並んでいる場合はそんなにダメージ出ることは少ないですが、被せ物等治療を受けた歯がその中にあると力がかかって頻繁に取れてしまったり、折れることもあります。定期的にこういう噛み合わせの変化にも気をつけておかなければなりません。

当院では定期検診時、クリーニングはもちろんですが、定期的に噛み合わせの変化や歯ぐきの状態等変化を記録しておくため口腔内写真やレントゲン検査をさせていただくことがございます。ご協力のほどよろしくお願いします。