WEB予約はこちら
MENU

義歯・入れ歯|大阪市旭区千林大宮駅の歯科・歯医者 - ステラ歯科クリニック千林大宮

義歯・入れ歯

Denture

Denture入れ歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。 入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

義歯について知ってほしいこと

入れ歯はそもそも異物として大きいため、

  • 馴染むか?
  • えずいたりしないか?
  • 1日中つけていられるか?
  • 痛くないか?
  • 噛んだ時外れないか?

・・など、色々なハードルをクリアしていただく必要があります。よく靴に例えられますが、靴屋で合わせた靴をいざ履いて歩き出すと、歩くたびに痛くなって調整が必要になります。

基本的な構造は、歯茎の上に乗せるようになっています。義歯を実際に作り出す場合でも、

  • その下にあるみなさんの歯茎は丈夫でしょうか?
  • 薄くないでしょうか?
  • 骨の出張りはないでしょうか?
  • 部分義歯であればバネの引っ掛ける歯が丈夫であるか?
  • 歯の形はバネひっかけるのに適しているか?
  • バネをかける歯が動いていないか?

・・など、色々なことを診断した上で作成していく必要があります。「すぐ型をとって、ハイできました。」というわけにはいきません。義歯を作るにあたって弱い歯を抜く必要も出てきますし、バネかける部分の歯も削らないといけません。これらのことを理解していただいた上で義歯を作成するのが、大切と考えます。

保険診療の入れ歯と自費義歯の違い

形や基本構造は同じですが、全部床義歯の自費の場合、金属床と言われる中央の部分の材質が違ってきます。
金属床のメリットは金属なので薄くできること、強度がありたわみが少ない、温度変化も伝える。
デメリットは金属を使用するので高価になるということです。保険のものはプラスチックになりますので、分厚く違和感が大きいということです。

部分義の場合は設計が複雑なので一概にお伝えするのは難しいですが、自費の部分義歯は金属のパーツの部分が増えていきます。バッキングと言われるおのおのの歯に金属のパーツを沿わせて、バネ以外のパーツでも安定させようと工夫が施されたものになります。設計も患者様それぞれにあわせた完全オーダーメイドの治療となります。そのため、現在すでに被せ物等が入っている歯に関して形や向きが悪い場合は義歯治療を成功させるためにやりかえも必要になる可能性があります。よって作成するにも期間がかかると考えてください。保険治療の部分入れ歯の場合、バネは金属しか選べません。大体のパターンが決まっております。他院で作り直されても大きく変わらないかもしれません。

レジン床義歯

レジン床義歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台の厚みを持たせることで使用時に違和感が出てしまうことです。

自由診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

チタン床義歯

チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは義歯素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れており、金属床の中では比較的安価で製作できます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。