WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

インプラント|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

インプラント

Implant

Implantインプラントとは

インプラントとは

インプラントとは

自分の歯を失ってしまい噛めない、入れ歯が合わない・煩わしいなどの方に対し、インプラント(人工歯根を植える)治療を積極的に取り入れています。インプラント治療とは、顎の骨の中にチタンでできた人工の歯根を埋めこみ、それを土台として歯冠をかぶせる治療法です。 顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しむことができ、見た目にも綺麗です。 また、入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、残っている歯に余計な負担がかからないため、御自身の残りの歯を長くもたせることが出来ます。

インプラントの特徴

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。
また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

インプラントが適応になる病名、状態

抜歯が必要とされる歯

  • むし歯重度
  • 重度歯周病
  • 歯の破折
  • 腫瘍(摘出に抜歯を伴うもの)
  • 治らない根尖病変(根の病気)
  • すでに歯が抜けた状態(欠損状態)

欠損に対するインプラントと他の治療との違い

インプラント インプラント

治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根を植え込み、その上に人工の歯を留めて元に戻す治療法です。

メリット

  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない

デメリット

  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ

治療法

なくなった歯の両隣の歯を削って土台とし、そこに橋を渡すようにつながった人工の歯をかぶせる治療法です。

メリット

  • ・保険適用で治療費を抑えられる
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない

デメリット

  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる
  • ・前後の歯に負担がかかるので、歯の寿命が短くなる
  • ・前後に歯がない場合基本的にはできない
部分入れ歯 部分入れ歯

治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット

  • ・保険適用で治療費が抑えられる
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
  • ・取り外しできるので掃除がしやすい

デメリット

  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・バネ引っ掛けるスペースは少し歯を削る必要がある
  • ・装着に違和感があることが多い
  • ・食事のたびに外して掃除してもらわないといけない
総入れ歯 総入れ歯

治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット

  • ・保険適用で治療費が抑えられる

デメリット

  • 歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い
  • ・歯茎が薄い方や噛む力が強い方は使用時の痛みを伴うことがある

治療の流れ

  • 精密検査

    レントゲン、歯周病検査、CT、歯型(噛み合わせの検査)、血圧測定、必要であれば顔の写真等を取ります。(費用はいただきません、インプラント治療費に含まれます。)

    精密検査

    レントゲンはCT、パノラマレントゲンを必要とします。

  • 説明

    現状説明、骨の状態、術後注意事項説明、インプラント終了後の注意事項、同意書等。費用と今後の工程説明。患者様からのご質問やご不安について相談。

    説明

    カウンセリングルームにて検査の説明、安全性、リスクについてお話しします。

  • 手術

    手術内容によって多少異なりますが、一般的に1本インプラントにつきアポイントは90分程度(治療前、治療後検査説明合わせた時間)いただきます。実際の手術時間は10~15分程度のことが多いです。骨造成等を併用する場合は長くなっていきます。

    手術

    元の歯より小さいサイズのインプラントを埋入します。

  • 2次手術

    この工程は2回法の場合に必要になります。インプラントを歯茎の中に埋め込んでいる場合、型取りや上に歯を乗っけることができませんので、歯茎を貫通させるパーツを付ける作業を行います。1本インプラントの場合、30分程度の処置になります。

    2次手術

    歯茎に埋もれていたインプラントにキャップを装着します。

  • 上部構造

    インプラントの上に接続する歯を作る工程になります。型取りをして、歯をつけるため、2~3回の工程が必要です。周囲の歯と馴染むような色合いで作成していきます。仮歯が必要な時は仮歯をつけていただくこともあります。

  • 完成

    一般的にはネジ止め式(スクリューリテイン)で止めていきます。ネジ穴は最終的に問題なければ本フタにかえて見た目もわからないようにします。掃除の仕方やメンテナンス法、注意点などお話しします。

    完成

    スクリューリテイン、ネジ穴はコンポジットレジンで埋めるため目立たない。

  • メンテナンス

    3~4ヶ月に一回は周囲の汚れのチェック、噛み合わせのチェックを行います。噛み合わせも周囲の歯が動くことで変化することがありますので、合わせてチェックしていきます。

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好でない方は注意が必要です。(コントロールがされていない高血圧や糖尿病など)

また、治療期間が他の方法に比べると長く(3~6ケ月程度)、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。

年齢制限は、高齢という理由でできないことはないです。ただ、逆に若い方(10代)は顎の成長に影響する可能性があると言われており、一般的には成人してからの処置がいいと考えます。
治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨造成手術を追加する必要があります。
インプラントは、人工物なのでむし歯にはなりませんが、歯周病にはなります。病名はインプラント周囲炎という呼び方ですが、歯周病と考えてください。治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることは少ないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。

インプラントができないと言われた方へ

インプラントができないと言われた理由はいくつか考えられますが、全身的な状態の場合、内科的アプローチで改善できる場合は処置も可能になります。ただ、コントロール不良な糖尿病や抗ガン剤治療や骨粗鬆症のお薬等でもインプラントが感染するリスクが上がります。
  骨がないためにインプラントができない場合は、骨を作ってあげる方法(骨造成)を追加ですることでインプラントが可能になる場合も多いです。また、症例によっては短いタイプのインプラントを使用できることもあるので、ご心配な方はご相談ください。

インプラントができないと言われた方へ

インプラントができないと言われた方へ

神経管が近く一般的に10mmのインプラント使用するが、状況に合わせて8mmと短いインプラントを選択した。
費用:407,000円  期間:4ヶ月
治療回数:4回(抜歯も含めて)
リスク:神経管が近い場合も短いインプラントを選択することで、神経損傷リスクを回避した。

インプラント治療オプション

抜歯即時インプラント
低侵襲で患者様に治療を受けてもらうために、抜歯をするとの同時にインプラントを埋入してしまう方法です。歯を抜いた後の骨の形がどういう風に治るかを予測し、治る骨の場所にインプラントを入れてしまう方法です。これだと抜歯とインプラントが一回で済むので、外科処置の回数が減ります。ただし、抜歯する歯の周囲の炎症が強い場合はできないこともあります。適応できる方にはオプションとしてお話しします。

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

右上1番が破折のため抜歯、そのままインプラントを埋入を行った。すぐにインプラントの上に仮歯を乗せて手術の日は終了した。
費用:462,000円  期間:3ヶ月
治療回数:3回
リスク:インプラントの位置が非常に大切になるため、術者の技術が必要となる。

ラジオグラフィックガイド
インプラントは一度埋入してしまうと場所を変えることができません。場所がずれると審美性や清掃性に影響してきます。リスクを抱えたインプラントになってしまいます。そこで、CTデータと歯型を組み合わせてインプラントを入れる位置を決めてしまう作業を手術前に手配しておきます。インプラントがずれないような装置を作ることで、位置でおかしくなることを防ぎます。

ラジオグラフィックガイド

ラジオグラフィックガイド

ラジオグラフィックガイド

CTのデータを処理することで、正確なインプラントの場所をシミュレーションでき、正確な位置にインプラントを入れることができる。歯茎を開かずにインプラント処置が可能になるため、低侵襲、短時間で処置が終わる。腫れや痛みも少ない。
費用:インプラント費用+33,000円
期間回数:インプラント期間に準ずる
リスク:リスクを減らすためにシミュレーションを正確に行う。

ALL on 4
歯がぼろぼろになってほとんどの歯を失った場合、選択肢としてインプラントか総入れ歯かというような選択肢になってきます。ただ、すべての歯をインプラントでする方法もいいのですが、インプラント本数が多くなり、費用が多くかかってきます。そこで、インプラントの本数を最小限にして、その代わりに上部構造がブリッジのような繋がった連結した歯を入れることで強度を上げてインプラント本数を減らす方法です。しっかり治したいけど費用は極力抑えたい方にオススメの方法です。ただ、自分では装置は外せませんので、定期的なメンテナンスは必須になってきます。
ALL on 4
治療前
ALL on 4
治療後

ALL on 4

(写真)治療前後のレントゲン
一見上の歯は残っているように見えるが、実際仮歯にして中を見ると虫歯で抜歯適応になる歯も多く、入れ歯かインプラントの選択肢でインプラントを希望された。6本のインプラントで12本の歯を作っている。コストパフォーマンスは高い。(右下のインプラントは前医でされているもの)
費用:3,080,000円  治療回数:7回
治療期間:6ヶ月
リスク:骨がない場合は骨造成手術が追加必要となる。基本は手術日に仮歯が入るので、歯がない期間はないが、骨がやわらかすぎる場合、インプラントが固定されるまで入れ歯になることがある。

費用(税込)

インプラント407,000円
抜歯即時インプラント462,000円
GBR 小55,000円
GBR 大165,000円
サイナスリフト165,000~220,000円
ソケットリフト55,000~110,000円
ブロック骨移植110,000~165,000円
ラジオグラフィックガイド33,000~55,000円

Q&A

歯が抜けたらどうしたらいいの?
放置は良くありません。噛み合わせが歪んできたり、反対の歯が伸びてきたり、現状よりも悪くなっています。歯を元に戻す方法は主に3つ、インプラント、ブリッジ、入れ歯です。インプラントがベストな場合もありますし、そうでない場合もあります。その辺りはまたご相談くださいませ。
インプラント治療は痛くないの?
侵襲はありますので痛くないといったら嘘になりますが、みなさんが想像されているよりは少ないことが多いです。抜歯する程度の侵襲レベルかと考えていただければと思います。もちろん、何本も抜歯を一気にするとその分痛みは出やすくなりますので、インプラントも連続でたくさんとなりますとその分痛みはます可能性はあります。手術中は基本的に麻酔を効かせますから、痛みはほぼ感じることはないと思っていただいて結構です。ただ、骨を触る時は響くような感覚はあると思います。

インプラントリンク集

インプラントネット:https://www.implant.ac/clinic/163977/

インプラント治療に関するよくあるご質問

インプラントの手術は痛くないんですか?
手術時は麻酔を効かせていますので痛みはありません。術後は抜歯程度の痛みと腫れは出る可能性があります。個人差もありますが、親知らずのように1〜2週間腫れるということはあまりありません。(手術の範囲にもよります。)
インプラントはどれくらい持ちますか?
インプラント治療が日本でされ始めて、30年程度経ちます。一般的に10年後生存率(インプラントが残っている確率)は96%程度とされています。インプラントがダメになってしまう原因の多くはインプラントの歯周病と過度な力が加わることです。定期的に検診しながらインプラント周囲を清潔に保つことで生存率を上げることができます。
インプラントが難しい人はいますか?
局所的な要因として、骨がないケースでも最近では骨を作る手術を一緒にすることで可能になります。お口開ける量が極端に少ない方は難しいことがあります。
全身的には、タバコを吸われている方、糖尿病の方、免疫抑制剤や抗がん剤服用されている方、骨粗しょう症の方、重度歯周廟の方はインプラントが抜けてしまうリスクが高いという意味で難しくなります。
インプラント治療後、どれくらいで歯が入りますか?治療回数は?
骨の硬さにもよりますが、通常インプラントを入れてから、2ヶ月待ってから型をとって歯を作ります。手術後、3ヶ月程度で噛めるようになりますが、骨が柔らかい場合やくっつきが悪い場合は4ヶ月待つ場合もあります。骨を一緒に作った場合は6ヶ月待つ場合もあります。治療回数は3〜5回程度のことが多いです。
手術時間はどれくらいですか?
インプラントを1本の手術であれば、麻酔してから15〜20分程度です。本数が多くなったり、骨もりを追加する場合はもう少し時間がかかる場合があります。
MRIやCTが撮れなくなるって聞いたんですけど
インプラントは純チタンの金属製です。保険治療でもチタンの被せ物があるように、撮影自体は可能です。ただし、インプラントや被せ物の金属の周囲は画像が乱れますので、舌癌など部位が近い場合は撮影に影響が出る場合があります。
他の先生にできないと言われたのですが、どこの病院に行ってもできないでしょうか?
患者さんの条件と先生の技術力によります。骨もりをされていない先生はできるケースが減る可能性があります。セカンドオピニオンを含めて、いろんな先生に相談されることをお勧めします。抜歯程度の処置も全身的な要因で難しい方はインプラントも難しいと考えます。