WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

金属アレルギー|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

金属アレルギー

Metal allergy

Metal allergy金属アレルギー

金属アレルギーについて

金属イメージ

ネックレスをつけるとかゆくなったり、指輪をつけるとその部分が赤く腫れる方がおられますよね。金属の種類によっては体と反応してアレルギーを起こすことがあります。歯科治療で使用される金属はアレルギーを起こす可能性がある金属が多く使用されています。歯科で使用される金属は、いろいろな金属の成分が混じった合金といわれるものです。

アレルギーを起こしやすい金属の代表的なものに、パラジウム、コバルト、クロム、ニッケル、水銀などがあります。これらの金属は歯科でよく使用されます。

特に代表的な「金銀パラジウム合金」「アマルガム(水銀)」についてお話しします。

金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

被せ物でよく使用される『金銀パラジウム合金』は

  • 金:12%
  • パラジウム(Pd):20%
  • 銀:50%程度
  • 銅:20%程度

特にパラジウムは保険治療でよ使用される金属ですが、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出ます。ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。アメリカでもパラジウムはアレルギー反応が出る金属として有名で、使われなくなっています。

アマルガム

アマルガム

現在は使われなくなりましたが、つい最近まで使用されていた水銀を主成分とする材料です。水俣病で有害だと有名になった材料ですね。
アマルガムの成分として

  • 水銀:50%
  • 銀:35%
  • スズ:9%
  • 銅:6%
  • 亜鉛:少量

アマルガムはとても変質しやすい金属で、口の中にあると劣化して腐食していきます。また、噛むたびに摩擦熱で水銀を含んだ蒸気が発生し、肺に取り込まれます。自覚のないまま吸収され、腎臓、肝臓、脳などに蓄積されていく可能性があるわけです。

アレルギーを起こしにくい材料

金合金

金合金

金はアレルギーが出にくい金属として有名です。

チタン

チタン

インプラントの材料にもなるチタンも体に取り込まれようとする材料で生体親和性が良いとされています。

セラミック

セラミック

陶材、セラミックは瀬戸物のように長期的にも劣化もあまりなく、物性が変化しません。

ジルコニア

ジルコニア

種類的には金属ですが、比較的安定している材料です。金属のように固く、色も白い材質です。セラミックでは割れるような噛む力が強い人などに使用することが多いです。

詰め物を入れてから体調悪くなった気がするなど、金属アレルギーかな?と気になる方はお気軽にご相談ください。歯科用金属をセラミックなどの材質へ変更されて症状が改善された方もたくさんいらっしゃいます。