WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

診断設備|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

診断設備

Diagnostic equipment

Diagnostic equipment診断設備

精度の高い診断設備

従来の設備では、、、
通常、歯科医院で撮影されるレントゲン(パノラマ、デンタル)では見逃されてしまう場合もあり、虫歯や歯周病の見逃しが起こるリスクがあります。

パノラマ

歯と歯が重なっていると虫歯の判定が難しくなります。根の病気が映らないこともあります。
そこで当院は追加で様々な最新設備を駆使して、診断に役立てます。
こちらで必要と判断した場合は、基本的に追加で費用いただくことはありません。ご安心ください。

歯科用CT(コーンビームCT)
歯の状態、骨の状態を覗き見ることができ、歯周病の病態や根の病気、歯と歯の間の虫歯の検出に役立ちます。患者様への説明も、視覚的にわかりやすくイメージをつかんでいただきやすくなります。

CTCT

放射線について、医科用CTだと被曝量が多くなる傾向になりますが、歯科用CTは被曝量が抑えられており、医科用に比べて1/20倍に抑えられています。
色々な診断に役立てることができます。
  • 口腔外科:親知らず(神経管との位置や上顎洞など)、怪我などの骨折、唾石や歯の破折などの診断
  • インプラント:骨の分厚さ、神経血管などのチェックなど
  • 虫歯:歯と歯の間や奥で進んでいる虫歯の発見
  • 歯周病:骨の状態やどこが弱いか、歯の根の形、歯石の状態
  • 矯正:歯を動かす周囲の骨の厚み、薄さ、骨が固いところがあるか
  • 小児歯科:永久歯の卵(歯胚)の状況、永久歯の萌出方向、埋伏歯チェック
  • 根管治療(根の治療):根の状態、根の数のチェック、細さ曲がり具合、根尖病変(病気の広がり方)など
  • 副鼻腔炎(上顎洞):副鼻腔炎の状態。歯からの原因などのチェック
などなど、CTを撮影することによる有用性は今までのパノラマ撮影よりも有用です。
i-Tero 5D (アイテロ, 口腔内高性能カメラスキャナー)

口腔内立体的把握

噛み合わせのご相談をお伺いする時に、写真だけでは内側(舌側)の様子もわかりにくく、通常は歯型を取って石膏模型を作成しておりました。そのため説明が後日になることもありました。それをカメラで撮ることで撮影直後に3D化します。噛み合わせやどこで当たっているか、なども判断することが可能です。

口腔内立体的把握口腔内立体的把握

矯正シミュレーション

撮影した立体3D画像をAIによる予測計算で、もし仮に矯正したらこんな歯並びになります、こんな見た目になりますのがすぐにお見せすることができます。矯正したいけど、綺麗に治るかななど患者さんがお持ちの不安も解消できるかもしれません。

矯正シミュレーション

隣接面カリエス診断

歯と歯の間の虫歯をしっかり診断するのは、意外に難しいです。そこで、近赤外線(NIRI)を使用し、虫歯の検出がしやすくなりました。また、妊娠中の患者様でレントゲン取りたくない方へも、放射線被曝の心配なく虫歯をチェックすることができます。早期発見早期治療することで虫歯の歯へのダメージを減らすことができます。

隣接面カリエス診断隣接面カリエス診断隣接面カリエス診断

顕微鏡(マイクロ)

顕微鏡(マイクロ)顕微鏡(マイクロ)

歯は小さく拡大鏡や顕微鏡を使うことで、見えなかったものが見えてきたり、見つけにくいものがはっきり見えたりします。小さな虫歯の取り残しや歯のヒビ、掃除されていない根管(歯の根)などを発見することができます。見ながら作業して効率化を計ります。
小型口腔内カメラ(ペンビューワー)、一眼レフカメラ
治療が終わった時、治療後がどうなってるか、みなさん気になりませんでしょうか?
説明はされたけどどうなっているの?と気になることはないでしょうか。

ペンビューワー

ペンビューワーペンビューワーペンビューワー

これは非常に大事で、きちんと治療後を見せてくれる歯医者さんは患者さん見せるために、できるだけ綺麗に仕上げようと無意識に処置をします。治療後の状態をお見せするのは、患者さんにとっても安心できますし、治療する側に取っても綺麗に丁寧にする意識が生まれるため、非常に大切なことです。それを小型化カメラや一眼レフカメラで撮影し、ですぐ見ていただくことができます。

一眼レフカメラ一眼レフカメラ

セラミック治療

セラミック治療

コンポジットレジン
(プラスティック)治療

コンポジットレジン(プラスティック)治療コンポジットレジン(プラスティック)治療コンポジットレジン(プラスティック)治療コンポジットレジン(プラスティック)治療