WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

右下の奥歯引っかかってる。(ワイヤー部分矯正)

kyosei

右下の奥歯引っかかってる。(ワイヤー部分矯正)|ステラ歯科クリニック千林大宮|

START

初診時

 右下7番目の歯が手前の歯にひかかっています。親知らず(8番)ではこういうことはよくありますが、最近は顎が小さくなってきており7番目の歯でも起こることがあります。
 このままだと掃除しにくく、虫歯のリスクや噛み合わせが悪く、将来トラブルが出てくる可能性があります。右下7番目の方向を修正するため、ワイヤーによる部分矯正を行うことになりました。

STEP 1

治療開始時

 右下7番を動かすのですが、奥歯は根がしっかしていて動かしにくいため、手間の歯にもボタンを装着します。手前の歯は目立ちにくさを考え透明のボタンを使用しています。
 ワイヤーを2本使用し、右下7番を後ろに少しはねあげます。1ヶ月に1度ワイヤーを調整するため、通院していただきます。

STEP 2

5ヶ月後

 5ヶ月ほどでだいぶ後ろに跳ね上げることができました。ただ手前との間にスペースが残るので今度は手前とのスペースを詰めていきます。ここまで行くとワイヤー1本に変更します。

FINISH

8ヶ月後

 8ヶ月目で装置を外すことができました。虫歯になったり、トラブル起こす前に矯正治療をしてあげることで、噛み合わせや清掃状態もよくなり、歯を長持ちさせることができます。

治療:ワイヤー部分矯正
費用:35万円(税別、調整料5000円/月)
治療期間:8ヶ月 
治療回数:8回(月に1回程度)
リスク:ワイヤーやボタンが取れてしまうことがあります。

症例