WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

旭区老人福祉センター 講演会|ステラ歯科クリニック千林大宮|旭区千林大宮駅の歯医者

ブログ

Blog

旭区老人福祉センター 講演会

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 医学博士、歯科医師、臨床研修医指導医 日本口腔外科学会認定 今井佑輔 です。

 

昨年の3月にも一度お呼びいただいた旭区老人福祉センターの市民講座ですが、今年もお話を頂きましてありがとうございました。

無事、本日講演会も終わりました。

本日のタイトルは『美味しい食事は正しい歯磨きから』というタイトルでお話しさせていただきました。

日々の診療の中で、1人1人にお口の中の状況等を説明させていただくことはありますが、たくさんの方にお話しを聞いていただく機会は少なく非常に楽しくさせていただきました。

講演のまとめ

①歯ブラシはなんのためにするの??

虫歯の予防のため

放置すると歯髄や根尖の部分、体の内部へと細菌の侵入を許してしまう。感染症の重症化リスクがある。

歯周病予防のため

歯茎の隙間から細菌が歯茎内部に侵入をしようとしてくる細菌を減らし、体の内部への侵入を減らす。感染症重症化リスク

誤嚥性肺炎予防のため

誤嚥を防ぐための嚥下訓練、とろみをつけて食べものの落ちる速度を緩める。

プラークコントロールにて細菌量を減らす。

 

②歯ブラシの選び方、歯磨きの方法

バス法、スクラビング法、歯磨きの当て方、歯と歯の間をいかにして磨くか、縦磨き、横磨き使い分け、小刻みに動かす

持ち方や圧(150〜200g)、ペングリップ

歯ブラシヘッドの大きさのチョイス、奥歯の頬側に入りこめるか、3列か4列のブラシ

力が入りすぎる人は、カチッと音が鳴るブラシがある。

動画で説明。

 

③歯間ブラシ、フロスの使い方

歯と歯の間の隙間が歯茎で詰まっている人は、フロスの方がいい。歯肉が下がってきている人は隙間の大きさにあわせて歯間ブラシの大きさを選択する必要がある。

フロスは歯と歯の間だけでなく、歯茎の中にも入れ込んであげて歯周病予防にも役立てる。

持ち手がストレートのタイプとL字型のものもある。L字型は奥歯に向いている。ストレートは前歯に使いやすい。

 

④定期検診はなんのためにいくの?

虫歯の早期発見早期治療

歯周病の予防

修復物の劣化(2次カリエス、脱離)

噛み合わせチェック(負担で揺れがないか)

 

⑤60歳以上の方に知っていただきたい症状

根面カリエス、ルートケア歯磨き粉

ドライマウス:唾液腺の萎縮、マッサージ、投薬

動揺歯:動きのある歯は噛みにくい。固定することも、固定すると掃除しづらい。

 

⑥美味しい食事は正しい歯磨きから

口腔内の清潔:臭いする。味が変。

歯の動揺がないこと:揺れる歯で噛めない。ブリッジが動く。

失った歯の回復:入れ歯にするのか、インプラントにするのか、ブリッジを選択するのか

 

まとめ

そもそも抜けないように予防しておくことが大事!!

痛くなってから歯医者さんに行くのではなく、定期検診で日頃からメンテナンスをしておくべき

 

歯周病関連記事

歯周病について詳しく

歯周病と全身疾患について

歯周病と糖尿病について

タバコと歯周病について

歯周病患者さんはどれくらいいるのだろう??

歯周病と歯肉炎どう違うの??

 

 

ご予約ご相談はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

森小路駅徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

この記事を書いた人

今井 祐輔(医学博士/歯科医師)

今井 祐輔(医学博士/歯科医師)

大阪市旭区千林大宮に「ステラ歯科クリニック千林大宮」を開院し、院長を務めています。
「自分が本当に通いたい歯科医院」をモットーに、生まれ育った地元大阪で歯科医療で貢献して参ります。

主な資格等

詳細プロフィールはこちら

歯科治療のご相談・ご予約はこちらから

  • 大阪メトロ谷町線「千林大宮駅」4番出口すぐ
  • 京阪本線「千林駅」徒歩9分
  • 夜19時まで診療(最終受付:18時30分)

よくあるご質問

患者様から診療で良く聞かれる質問をカテゴリーに分けて回答しております。
治療や当院についてより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

カテゴリー

最近の投稿