WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

「抜かないといけない」と言われた歯、置いておいても大丈夫!?

こんにちは

医学博士 ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

虫歯を放置して歯を抜かないといけなかったり、歯が突然割れてしまったり、歯周病が重度で保存が難しいと歯を抜かないとダメです、と診断が下る場合があると思います。

患者さんとしては自分の歯だし、できることなら置いておきたいという気持ちも十分理解できます。

歯の保存に努められている歯科医師はほぼ全員の先生かと思います。

「弱いけどなんとか残しましょうなんとか持つところまで」というような場合もあると思いますが、「これはもう厳しいですので抜かないといけないです」という場合では状況は大きく違ってきます。

 

我々歯科医師はなんとなく抜歯かな〜!?置いておこうか?と決めているわけではありません。

抜歯の診断する基準があります。

①虫歯が大きすぎて、残る歯の量が少なすぎる歯。(強度不足で差し歯にできない場合)

外科的歯内療法でも感染がコントロールできない歯。

②歯周病重度で動揺が大きく、外科的にアプローチしても保存が見込めない場合

③割れている歯、ひび割れが大きい歯で感染が抑えれない場合

④内部吸収、外部吸収により歯が溶けている

⑤歯があることで他の歯や歯茎にトラブルを起こす歯(親知らず、過剰歯、長く残る乳歯など)

⑥矯正治療でスペース不足を解消するため(便宜抜歯)

 

⑥以外の原因は全て細菌のトラブルを抱えている歯になります。

「弱いけどなんとか残しましょうなんとか持つところまで」というのは抜歯の基準に近いですが、細菌のコントロールはできているのでなんとか持たせます。次トラブル出たら抜歯かもしれませんということで、症状が悪化するまでは経過をみて守っていくということです。

それに対して「これはもう厳しいですので抜かないといけないです」というのは言葉の通り、どんな歯医者さんが見てもほぼ抜歯と言われるでしょう。無理やり置いておくと隣の歯にまでぐらついたり、ダメージを受けてしまいます。もし置くならその覚悟をしてください、ということになります。

実際こんなに強くは説明しませんが、要約するとそういうことになります。

ほとんどの患者さんはここまで深刻に考えられてない、もしくは歯科医師からの説明がないのではないでしょうか?

1例を供覧しましょう。

昔、歯医者さんに「歯を抜かないといけないですよ」と言われたが、危機感もなかったため自己判断で放置していたそうです。歯が揺れるから見て欲しいと言われて来られました。

CTにて左上の奥歯(6番、7番)の周囲の骨が溶かされて、手前の歯(5番目)を支えている骨まで溶けてしまっています。左上の2本の歯を早く抜歯していれば、ここまで骨が溶けることはなかったと思います。

骨が大きく溶けるとインプラントをするにしても大きく骨造成が必要になります。入れ歯にするにしても、歯茎もくぼむので逆に入れ歯は張り出した形になり、噛んだ時に歯茎を圧迫しやすく、噛むと痛みが生じやすいものになります。

そうなる前に一度ご相談ください。もし、放置している歯や抜かないといけないと言われた歯があられる方は、ほんとにおいといて問題ないか説明させていただきます。

 

ご予約ご相談はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ