WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

内覧会ご案内と院内感染対策について

こんにちは ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

コロナ対策が根付いてきており、皆さんもマスクや手指消毒を行うのが習慣化されてきているのではないでしょうか?たまにうっかりマスク忘れて人前に出てしまい焦ってしまったりすることがありますね。

寒くもなってきまして、インフルエンザもはやって来る時期になろうかとしております。これだけ皆さんが感染対策に取り組まれていれば、個人的にはインフルエンザ自体も猛威を振るうことはないように思います。それでもできることをしっかりやるというスタンスが大切かと思います。

コロナの話題が出たとき、歯科医院はクラスターになりやすいとメディアで騒がれていました。ところが、もともと感染対策に向きあってきた業界なのでそれほど実際はクラスター発生源にはなっておりません。

 

当医院の院内感染対策を少しお話しします。

器具に関して

使い捨てできるものは極力使い捨てがいいと思います。

①エプロン、コップ、グローブ:

昔は金属コップの時代がありましたが、現在では使い捨てできるものは使い捨てを使用した方が良いとされており、できる限りディスポに変更していけたらと思います。グローブも患者さんごとに交換しておりますのでご安心ください。

②滅菌器具

歯科の器具は金属製のものも多く、全てがディスポというわけにはいきません。そのため、滅菌器と言われる機械で高熱圧力によって無菌化にするような機械でオートクレーブという滅菌状態にして器具を使います。

 

・滅菌器 ヨーロッパ基準 クラスBについて

滅菌する機械についてもクラス分けがあり

B>S>N の順番に滅菌器の分類がされており、特にタービンと言われる歯を削る機械のヘッドの部分が一番複雑な構造をしているので滅菌しにくいとされていましたが、中を真空状態→加圧状態を3回繰り返して内部にまで滅菌処理をかけるといったものです。

当院ではクラスB滅菌器を採用しており、最高水準の滅菌レベルを維持しております。

 

・タービン、バー 患者さんごとの交換ももちろん行なっております。

以前新聞記事にもなったタービン使い回し問題がありました。タービンの数も多く揃えていますのと滅菌器もいくつか用意してありますので、患者さんで使い回すということは当院ではありません。

 

③消毒

滅菌できない器材やディスポ(使い捨て)にできない器具も存在します。血液など感染物が付いたものに関しては菌を死滅させる効果のある次亜塩素酸という薬液で消毒をしております。そのため、滅菌できないものに関しても安心して治療を受けていただける環境にしております。

 

④飛沫感染対策

コロナ対策もありますが、歯科は口腔内でタービンを使用すると霧状に飛沫が飛びます。一般的に2mほど飛ぶと言われているので、診療室内に仕切りがないクリニックでは、隣の患者さんの飛沫が飛んでくる可能性があるということです。当院には各チェアごと仕切られていますのでそういった心配もありません。また口腔外バキュームと言われる飛沫を吸引してくれる装置を用意しておりますので、飛沫感染リスクがさらに抑えることができます。

スタッフに関しても処置時、防護メガネの着用をさせますので、患者さんごとに手指消毒、手洗いも施行しております。

 

内覧会準備してお待ちしております。よかったら遊びに来てください。

 

内覧会10月22〜25日まで10〜17時30分のお時間でさせていただいてます。費用は特にかかりませんのでお気軽にお越しください。

 

院内感染対策、コロナ対策について相談できる歯医者さん

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

今井佑輔

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ