WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

歯科治療中、口大きく開けとくのしんどい、、、大きく開かない、、、

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 医学博士 今井佑輔 です。

歯科治療は口を大きく開けておかないといけないので、あごや筋肉が疲れますよね。お口大きく開けるのが苦手という方もいらっしゃいますよね。

 

でも歯医者さんには「お口大きく開けてくださいね」と言われても、休憩させてよ〜あごしんどい〜となりますよね。

自分もそうなります(笑)

 

なぜお口を開け続けているのがしんどいのでしょうか??

口を開けるときに使うのが、開口筋

主に顎から下についてる筋肉を使います。

 

口を閉めるときに使うのが、閉口筋

主に顎より上や頭の横についています。

開けるときと閉めるときに使う筋肉は違うんですね!!

 

口を開けていると開口筋がずっと使われるので、重い荷物持ってるのと同じで筋肉が疲れてきます。

治療途中で休憩を入れてもらうのがいいですが、治療内容によっては口を閉じることで成功率が変わってくるケースがあります。虫歯除去後の詰め物を詰めている最中や神経の治療中は、口を閉じると唾液が流れ込み治療成功率が下がってしまいます。

前もって先生に休憩多めでお願いします。と一言伝えておいた方が良いでしょう。

 

意外と楽になるかも!!

開口器、バイトブロック

このような器具は一見、拷問のように見えるかもしれませんが、いざつけてみると噛んでる状態で口が開けたままになるので、口を開ける筋肉開口筋を休めることができます。

意外と楽に治療が受けれるかもしれません!

 

逆にお口大きく開けれなかったら、どうなるリスクがあるか考えてみましょう!!

①器具が入らないので、器具が入るスペースを作るので歯を削る量が増える

②奥の治療だと見えにくいため、治療が進めにくい。時間がかかる。

③奥まで届かない場合は妥協的な治療になるリスクがある。(例えば虫歯が全部取りきれないなど

 

不安な方もたくさんおられると思います。

先生や衛生士さんに勇気を出して相談してみましょう!!きっといろいろ配慮してくれるはずです!!!

 

ご予約はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

森小路駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ