WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

歯ブラシはいつするのがベスト???

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

先日患者さんからご質問をいただきました。

「歯ブラシっていつしたら一番いいんですか?」

やらないといけないと思ったタイミングでしてくださいと言いたいところですが、学術的なお話をしますね!

 

ステファンカーブ(脱灰曲線)

ステファンカーブをご存知ですか?

口の中に細菌の栄養となる糖を口に入れた瞬間から細菌は活動し、酸を作ります。そうすると口の中がどんどん酸性になって食事から30分後くらいには口の中での酸性がピークに達します。食事直後に歯磨きをすると一見、酸が洗い流されて良さそうに思いますが、酸性の中で歯をこすると削れやすいとも考えられています。厳密にいうと食事食後、歯を磨くと歯が削れるのは間違っていないという話です。

歯磨きをしなくても食事が終わると徐々に酸性からアルカリ性に戻っていきます。なぜ戻るのでしょうか??  答えは唾液です。唾液には緩衝能といって酸性に傾いた口の中を中和してアルカリ性に戻してくれる作用があります。

「だらだら食べが良くないよ」

だらだら食べが良くないよと言われるのは、歯の溶けている酸性の時間が長くなってしまうからです。この時間が長いと虫歯が蔓延してしまいます。子供おやつは3時がいいと決められているのは、だらだら食べないようにして、酸性の時間を少しでも短くしてあげる方が良いと思います。

虫歯進行抑制ポイント

虫歯の進行を止めたり、リスクを減らすには、いかに早くアルカリ性に戻すかがポイントになってきます。

次は唾液がたくさん出るようにするにはどうしたらいいか?答えは咀嚼です。噛めば噛むほど、口を動かすと唾液は出ます。ただし糖分入れるとまた酸性に傾きます。糖分がなくてよく咀嚼できるものそれはキシリトールガムです。キシリトールは代替甘味料といって甘みがあります。細菌はキシリトールを栄養分にはできないので、甘みがあるガムでも酸性には傾かないです。

 

理想は食事直後キシリトールガムを噛んで、唾液をたくさん出してアルカリ性に戻してから、歯磨きするのが一番ベストかもしれませんね

関連記事

神経を残すには??

歯ブラシ、予防、キシリトール、予防歯科、虫歯になりやすい について     相談できる

ご予約はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ