WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

インプラントOPE室完備しました

こんにちは ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

インプラント手術室(OPE室)完備しました。

OPE室

完全個室でプライバシーが守られる環境と感染対策がしっかりできる環境を準備しております。

感染対策とは隣の方の治療の飛沫が飛んだりしないということ、他の患者様が近くを通ることもないということです。

インプラントを受けられるのであれば(インプラント治療に限らず)、隣のチェアとの間にパーテーションで仕切られていたり、2m以上チェアが離れていることが大切かと思います。

 

OPEライト(無影灯)

手術室のライトですが、医科用のライトはインプラント治療には大きすぎますし、大きすぎるとかえって患者さんに威圧感を与えてしまい、緊張して血圧が上がりやすくなると感じます。一般にチェアについているライトでもできなくはないですが、影ができやすいライトですので、術野が見にくかったりすると何か見落としが起こったり、ミスにつながります。

大きすぎず、無影灯としての機能はしっかり担保されているという条件の中で、当院は威圧感を与えにくい無影灯を設置いたしました。

割と高い位置に設置しているので普段の診療でもあまり気になることはないと思います。

オペ室内には、

CTレントゲン投影用ツインモニター

手術中の確認のため、いろんな必要のあるレントゲンを映し出すことができます。CTとパノラマ同時に出すことができます。いろんな角度からの確認ができます。

 

生体モニター

血圧や酸素飽和度、脈拍などを計測する機械です。

 

インプランター

インプラントを埋入する機械です。もう一つは骨造成(骨を作る処置)の時に使用するピエゾという超音波メスのような機械です。

 

酸素ボンベ

緊急時、酸素吸入が必要な時使用しますが、どちらかといえば使わない方がよい機器です。

 

バックバルブマスク

万が一、呼吸が止まったりなど人工呼吸が必要な時に使用する機械です。これもどちらかといえば使わない方が良い機械です。

 

AED

AEDです。心臓が止まったりした場合に電気ショックを与える機械です。使用するときは上の酸素とバックバルブマスクと併用して使用しますが、これも使用しない方が良い機械ですね。これを使用する事態になれば救急搬送が必要です。万が一に備えて準備はしております。

 

手術用カメラ

専用の一眼レフです。手術の記録として写真を残します。術後患者さんへの説明用としても使用します。

 

今後、静脈内鎮静などリラックスして治療していただく設備を整えていきます。

インプラント手術、インプラント、オペ室、オペ室こわい、設備、完全個室、感染対策、術中管理 について     相談できる

ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ