WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

抜歯について|ステラ歯科クリニック千林大宮|旭区千林大宮駅の歯医者

ブログ

Blog

抜歯について

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

抜歯というのは体の一部を取る行為ですので、簡単にするべきではないと考えますし、もし抜かざるを得ない状況でもその根拠や診断をして抜く以外の選択肢しかない状況でなされるべきかと思います。

それを前提にしても、抜歯しか判断せざるを得ない歯はあります。患者さんにとっても辛いことだと思います。特にそれが永久歯で初めての抜歯や過去の抜歯で辛い思いをされたことがある方であればなおさらです。

 

抜歯を診断する歯はいくつかありまして

①歯の根の部分まで割れてしまった場合

割れ方にもよりますし、もちろん割れ方次第で残せる場合もあります。転倒や事故でぶつけられたなど、ヒビが入ったり割れてしまったりすることがあります。CTと言われる精密なレントゲンで立体的にどういう風に割れているか把握することも大切です。

割れてしまっていますので、抜歯をする際は割れている破片を取り除き、残っている歯を再確認してレントゲンの状況と相違がなく抜歯判定を診断してから残る部分を取っていきます。抜歯に関しては、一般的にはそんなに難しくない場合が多いですが割れ方によっては根の先端だけが残るような場合は時間がかかる場合もあります。

割れたまま放置をしていると周辺の骨や歯茎にまで細菌感染が広く及ぶ場合は、麻酔が効きにくいこともあり、抗生物質(抗菌薬)で腫れを抑えてから抜歯する場合もあります。また抜歯後の痛みも痛みが強くなる場合が多く、そのままの放置はあまりよくありません。

 

②虫歯が大きく歯の土台の部分が土台として使えない場合

一度虫歯治療したところや神経治療後の被せ物をした部分に、再度隙間から虫歯ができることもあり虫歯の再発になると歯の残る量がかなり減ることが多いです。いわゆる差し歯という方法で治すにも強度不足で難しい場合は抜歯の適応になる場合があります。

歯が小さく弱そうなので、一見すぐ抜けるんではないかと考えられがちですが、実際は歯をつかむところが少なく、もしつかめても歯が薄く弱いためかけたりしてなかなか抜歯が進まないことが多いです。難しい場合は多少歯茎に切開をして見やすいようにしてから抜歯することもあります。よって、抜歯に関しては意外と時間かかる場合も多く、歯茎を触らない場合は腫れることもあります。

抜歯後の痛みは炎症の状態や骨の露出度、抜歯時間などにかかってきます。

③歯周病が進み、歯がグラグラで抜歯する場合

歯周病は歯茎の周りに歯石や汚れがたまることで周辺の骨や歯茎が下がってしまい、重症化すると歯がグラグラで抜けてしまう状態のことです。もともとグラグラなので、麻酔さえきちっと効かせれば、抜歯自体は簡単なことが多いです。昔の考え方では、抜歯した周囲の細菌を取り除くために、掻爬といって周囲の歯茎を掻き出したりしていましたが、原因の歯を抜くことで炎症はおさまるので掻爬の機会は減ってきています。なので、抜歯時間も比較的短時間でのことが多く、歯茎も割とすぐ治りやすい傾向にあるため、痛みを感じる期間も短いと思います。

 

④矯正の便宜抜歯(矯正治療をするための健康な歯の抜歯)

矯正治療においてスペース不足のため健康な歯をまびくことでスペースをとるために抜歯をする場合があります。この場合は健康な歯を抜くため、歯の頭もしっかりある歯なので左右に揺さぶるようにして抜歯します。なので引っ張られる感じはあるにせよ、麻酔も基本効きやすいですし、抜歯後の痛みもそこまで出ることも少ないように思います。1〜3日ほどで落ち着くことが多いです。ただ、両側一気に抜いたりするので、血の味等は抜歯当日、次の日までは感じると思います。歯の根が折れるなどのトラブルがなければ、比較的容易な部類の抜歯かと思われます。

⑤腫れたことがある親知らず、歯茎に埋まっている親知らず(埋伏智歯)

一度腫れたりしたことがある親知らずは腫れをぶり返すことも多く、基本抜歯対象になることが多いです。横から押して手前の歯に引っかかっているような歯は手前との間に虫歯を作ってしまうこともよくあり、抜歯した方がいい場合が多くあります。

親知らずの抜歯に関して、痛いイメージや腫れるイメージをみなさんお持ちかと思われますが、一般的に上の親知らずは一部分顔を出していることがほとんどで、比較的簡易に抜歯できることが多いです。痛みもそんなに強くはありません。

ただし、下の親知らずは何かと厄介で、下の骨は分厚く麻酔が効きにくいことが多いです。当院では、2段階麻酔をしておりますので抜歯中の痛みはないと思いますが、一般的に効きにくいと思います。また、抜歯後の痛み腫れもやや出ることが多く、腫れに関しては3日後がピークに腫れます。そこから3〜4日後に腫れは引いていきます。痛みは個人差が大きいですが、3〜4日続くことが多いですが、1週間ほど痛み止めを服用される方もいらっしゃいます。また、ドライソケットといいまして、治りが悪くなる病気になってしまうと、抜歯後2〜3日後から2〜3週間ほどかなり辛い痛みが続く場合があります。洗浄したり、軟膏を使用したり、ガーゼをいれて刺激しないようにしたりします。

 

関連記事

ドライソケットについて

口腔外科と一般歯科について

親知らずの抜歯について

抜歯、歯抜くの怖い、歯がグラグラ、歯がボロボロ について     相談できる

ご予約はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

 

この記事を書いた人

今井 祐輔(医学博士/歯科医師)

今井 祐輔(医学博士/歯科医師)

大阪市旭区千林大宮に「ステラ歯科クリニック千林大宮」を開院し、院長を務めています。
「自分が本当に通いたい歯科医院」をモットーに、生まれ育った地元大阪で歯科医療で貢献して参ります。

主な資格等

詳細プロフィールはこちら

歯科治療のご相談・ご予約はこちらから

  • 大阪メトロ谷町線「千林大宮駅」4番出口すぐ
  • 京阪本線「千林駅」徒歩9分
  • 夜19時まで診療(最終受付:18時30分)

よくあるご質問

患者様から診療で良く聞かれる質問をカテゴリーに分けて回答しております。
治療や当院についてより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

カテゴリー

最近の投稿