WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

親知らずはなんで親知らずっていうの!? てか抜かないといけないの??|ステラ歯科クリニック千林大宮|旭区千林大宮駅の歯医者

ブログ

Blog

親知らずはなんで親知らずっていうの!? てか抜かないといけないの??

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

親知らずってなんで親知らずっていうの!?

諸説ありますが

①子供が親元離れる18〜30歳くらいで生えるから

親が知らない間に生えるから

②昔の平均寿命が短かった時代に親が先死んでしまってから、生えてくることが多かったから

他にもいろいろな説があります。

 

抜かないといけないの??

よくご質問いただきます。

結論を先申しますと、、、

悪さをしてなかったら、もしくは今後悪さしそうな可能性が高ければ、

抜歯した方がいいです。

具体的にどんな悪さか(上でも下でも共通です)

 

①親知らず自身が虫歯でほっておくと痛みが出る場合

 

②親知らず周辺に汚れがたまって歯茎が腫れる場合(智歯周囲炎)

顔が腫れたり、痛み止めが効きにくくなることもあります。年に1〜2人の方は点滴処置が必要になる可能性もあります。抜歯を避けるがあまり、放置しておくと再度腫れてくることも多く、結局抜歯になるケースが多いです。

腫れている周辺に歯石などが付いていることもあり、綺麗な状態にするには抜歯が必要になります。

 

③隣の歯にむし歯を作る原因になっている場合

親知らずも虫歯ですが、その虫歯が隣の歯に移って虫歯ができてしまってこともよくあります。この場合も親知らずを抜かなければ手前の虫歯治療ができないことになります。

 

逆に置いとくことへのメリット

悪さをしておらず、まっすぐ生えており、噛むのに使えて掃除ができれば無理に抜歯をする必要はありません。

またどこか他の奥歯が抜歯になった時に、歯の移植といって、親知らずを抜歯になった部分の歯に移動させる方法があります。そのようなことで残される先生もいらっしゃいます。移植には歯の根の形が抜いた歯と親知らずが似ていないといけないのと、親知らずの方が少し小さいサイズでないと適応にならないことも多く、大切に置いておいても使えないことも多くあります。CT撮影して歯の根の形大きさを事前に確認しておた方がいいかもしれませんね

 

関連記事

ドライソケットについて

口腔外科と一般歯科について

親知らずの抜歯について

抜歯、歯抜くの怖い、歯がグラグラ、歯がボロボロ について     相談できる

ご予約はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

この記事を書いた人

今井 祐輔(医学博士/歯科医師)

今井 祐輔(医学博士/歯科医師)

大阪市旭区千林大宮に「ステラ歯科クリニック千林大宮」を開院し、院長を務めています。
「自分が本当に通いたい歯科医院」をモットーに、生まれ育った地元大阪で歯科医療で貢献して参ります。

主な資格等

詳細プロフィールはこちら

歯科治療のご相談・ご予約はこちらから

  • 大阪メトロ谷町線「千林大宮駅」4番出口すぐ
  • 京阪本線「千林駅」徒歩9分
  • 夜19時まで診療(最終受付:18時30分)

よくあるご質問

患者様から診療で良く聞かれる質問をカテゴリーに分けて回答しております。
治療や当院についてより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

カテゴリー

最近の投稿