WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

小児矯正 親心と後戻りについて

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 医学博士 今井佑輔 です。

先日、小児矯正をしたのにまた歯並びが戻ってしまって再度矯正したいですと言う患者さんが来られました。話を聞くと拡大床といわれる装置で広げていたが、終わったままでそのままでいいと言うことでした。当然後戻りをしてしまって、またガタつきが出てきてしまったと言うことです。小児矯正の難しさはここにあると思います。

小児矯正:拡大だけで並び切らない場合

①そのまま成人矯正(2期治療)を連続で行う

②歯を少し削って細くして並べる

③少し出っ歯にする

だいたいこのどれかになります。

 

もし仮に小児矯正で終わったとしても、、、

12〜13歳までで一般的に小児矯正は終わることが多いですが、良い歯並びをキープしようとすると後戻り防止装置(リテーナー)を最低でも寝るときつけていただく必要があります。ここでポイントは中学生くらいからずっと装置つけといてとなると、部活も忙しい、勉強も忙しい、反抗期もきて親の言うことを聞かなくなってくる。となると雪華親からもらった矯正というプレゼントが台無しになってしまうかもしれません。私の弟がそんな感じで後戻りしました。

小児矯正を否定もしませんし私も患者さんに必要あらばさせていただいております。ただ、治療をするかしないかの中に、お子さんのキャラや性格も含めて小児矯正に踏み切るかと言うことはするかしないかの診断の中で非常に重要なファクターになります。

何が何でも矯正しましょう!と勧めてくる医院さんは少しリスクがあるかもしれませんね。子供の人間性やキャラクターまで含めて小児矯正をした方がいいか相談に乗ってくれる先生はいい先生かもしれませんね。場合によっては成人になってからした方がいいと言う判断もあるかもしれませんね。

矯正専用ページご参考にしてください。

関連記事:

矯正、マウスピース矯正、インビザライン 、アイテロ(i-Tero)について相談できる

矯正無料相談ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

京阪本線 森小路駅 徒歩8分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ