WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

妊娠中 治療大丈夫!? 麻酔とかレントゲンとか薬とか

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 医学博士 今井佑輔 です。

妊婦さんで頭を悩ませる1つが歯科治療です。

治療受けてもいいの?いつ治療行くべきなの?薬とか麻酔とか大丈夫なの?

歯が痛いけど、心配でいけないわ。と考えられている方も少なくないと思います。

そこで、一つずつよくあるご質問にお答えしようかと思います。

 

①妊娠中麻酔は大丈夫??

歯科治療に使う麻酔は全身麻酔ではなく局所麻酔です。血管収縮薬というお薬が入っており、基本麻酔した部分に停滞するようにできています。歯科治療で最も使われるリドカイン+アドレナリン(オーラ注、キシロカイン)は通常量で奇形児など認められるものはなく安心して使用できます。

むしろ痛みを我慢して痛みのストレスを感じられる方がリスクになるかもしれません。

 

②痛み止めや化膿止めの薬は使えるの??

痛み止め

痛み止めは注意が必要です。一般的によく歯医者さんで出される「ロキソニン、ボルタレン」といったよく効くお薬は使用を控えた方がいいと考えられています。胎児の成長期に悪影響を及ぼす可能性があると考えられているからです。「カロナール」というお薬は痛み止めとして使用しても胎児に対する影響は少ないと考えられています。ただ、ロキソニンよりは痛み止めの効果は低いとされていますので、なるべく痛みが強そうな抜歯処置などは妊娠中は控えた方が良さそうです。

化膿止め

抗生物質や抗菌薬といわれる化膿止めのお薬は、比較的安全に使用できるとされています。歯茎が腫れたりした場合、炎症を抑えることはできます。

 

③妊娠中レントゲン撮っても大丈夫??

皆さんご存知ない方もいらっしゃると思いますが、実は太陽の光を浴びていると自然に放射線を浴びているんですね。歯医者さんの小さいレントゲンは、2日間自然に外に出て浴びる放射線量を変わらないとされています。全体を撮るレントゲンでも7日間に相当すると言われています。

逆に妊婦さん外で太陽浴びたら危険ですよ〜なんて聞いたことないですよね!?

それくらい歯科のレントゲンは微量ですし、防護服も来ますので撮影自体は可能です。よって赤ちゃんへの影響は限りなく0と考えてもらっていいと思います。

 

④妊娠いつくらいが治療するのに安心ですか??

妊娠初期 0〜3ヶ月

初期は胎児の体も小さいですし、器官が作られる大事な時期です。他の時期の回せるのであれば、他の時期に治療を受けた方が安心かと思います。麻酔を使わずにできる虫歯や簡単な歯石とりくらいがいいと思います。

妊娠中期 4〜8ヶ月

この頃に受けられるのをお勧めします。麻酔が必要な虫歯や抜歯も含めて大体の治療はできるかと思います。

妊娠後期 9〜10ヶ月

お腹が大きくなり、ずっと横になるのがしんどい時期かと思います。歯科治療はできますがここもあまりストレスをかけたくない時期かと考えます。

 

 

妊婦、歯科治療、妊婦健診、マタニティ歯科 について     相談できる

ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ