WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

歯って動くもの?? 矯正後戻り??

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

「矯正終わっても、後戻りするんですか?」ってよく聞かれます。

結論はします。

実は、矯正してなくても歯は動きます。

矯正した人は多少無理に歯を動かしているので、普通の人よりも治療後後戻りしやすいということです。

 

例えば、歯を抜歯して行う抜歯矯正は必然的に歯の移動距離が多くなります。歯の移動距離が多いと後戻りもしやすくなります。抜いた場所をスペース閉じても、何年かしたらまたスペース空いてる人はたくさんいます。すると、「一生後戻りの防止装置をつけとくんですか?」と聞かれます。綺麗になった歯並びをキープしたいのであれば、一生しておいたほうがいいでしょう。

 

後戻り防止装置(リテーナー)

後戻り防止装置の代表的なものをお伝えします。

①マウスピース型リテーナー

マウスピース型の装置は取り外しができ、掃除もしやすく昼間につけていてもそんなには目立ちません。歯ブラシもしやすく虫歯のリスクも少ないかと思います。

デメリットとして歯ぎしり食いしばりされる方は破れてしまう人がいるのと、噛む力が強い人は奥歯ばかりが当たって、奥歯のかみ合わせが少し沈み込む形で変わってしまう方がいらっしゃいます。適応しにくい人もいます。

②ベックタイプリテーナー

外側にワイヤー、内側にプレートがつくタイプです。歯自体がワイヤーとプレートに挟まれており、位置がずれないようになります。マウスピースに比べて、噛む面が出ているため上下の噛み合わせも安定しやすいです。内側のプレートが分厚いので、違和感は強いかもしれません。

③リンガルボンドリテーナー

前歯の内側にワイヤーを貼り付けて固定してしまう方法です。各歯同士もワイヤーと接着剤で固定します。そのため、後戻りがしづらいとされています。ただし、ワイヤーも細身のワイヤーだとワイヤーごと曲がりながら後戻りするケースもあるので絶対ではないです。上の2つは取り外し式でしたがこの装置は完全固定式です。掃除がしづらいため、歯石や虫歯のリスクが上がります。また食事か何かの時、接着剤が歯から剥がれてしまうことがあります。その度に歯科医院で留め直してもらわないといけません。主に下の前歯の内側ですることが多いです。

 

インビザライン専用ページ

矯正専用ページご参考にしてください。

関連記事:

矯正、マウスピース矯正、インビザライン 、アイテロ(i-Tero)について相談できる

矯正無料相談ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ