WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

神経治療の成功率ってご存知ですか??

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

歯の根の治療の再発

僕が研修医のときから感じてた疑問です。歯の根の治療について、前医で治療されているんだけど治っていないな〜と感じることがあります。

せっかく治療したのに、なぜ根の病気が再発するのでしょう?

 

神経治療は何をしているかというと、、、

神経治療は歯の根に入った虫歯菌を取り除いている作業です。歯の根は細いため、タービンと言われる削る機械を使用すると歯に穴が開いてしまうため、針金のようなファイルやリーマーと言われる細長い機械で行なっていきます。

横の壁の虫歯をこそぎ落としているわけですね。

ただこれは便宜的に単純化して書いているイラストですが、実際は根の中は複雑で大根のヒゲ根のように分岐しています。

この全てを綺麗に掃除するのが理想的ですが、実際全てを触るのは難しいと言えます。

(写真とエビデンスで歯種別に学ぶ!歯内療法に生かす根管解剖 吉岡隆知 著 参考)

ファイルで掃除できないところは、化学洗浄です。ハイターのようなもので除菌をかけて細かいところを洗浄します。

機械的に刮ぎ落とせるところは落とす。届かないところは洗剤を使う。やっていることは排水溝の掃除やトイレ掃除と同じです。細かいトイレ掃除だと思ってください。

 

根の治療を難しくしている要因

①根管の内部の複雑

上記でもお話しした通り、根管の形は様々です。全てを掃除することは現実難しいということになります。極力、化学的洗浄を加えて菌の数を問題ないレベルまで減らすというのが根の治療の目的になります。

②根管の狭窄、閉鎖(狭まっている、閉じている)

若い方と御高齢の方では、歯の根の根管と言われるスペースの広さが違います。御高齢になればなるほど、内部の象牙質が分厚くなり、根管が細くなったり、詰まってしまったりします。そうなると掃除ができない。無理して掃除すると変な場所に穴が開いてしまうといったことも少なくありません。

③根管の湾曲(カーブがきつい)

歯の根のカーブが強い時は難しくなります。ファイル、やリーマと呼ばれる器具は金属製で少し硬いです。太いファイルになるとあまり曲がらなくなり、本来の根の形通りに掃除ができなくなってしまいます。

④器具の破折

上記のような、根が曲がっている。すごく細い部分を掃除すると、器具にすごく力のストレスがかかります。すると前触れなしに急に耐えきれなくなって器具が折れることがあります。これは歯科医師にとって避けれないことです。ある程度掃除が進んでいたりする場合は無理に取り出さない選択をする場合もあります。器具が取れる位置であれば取りに行きますが、その分余計な歯の部分を削る必要があります。マイクロ(顕微鏡)で見ながら取り出すこともあります。

絶対に取らないと病気が治らないというわけでもないですので、まずは主治医と相談してみてください。取れる可能性が高い場合や、とることによってのリスクが低い場合は積極的に取りにいっても良いと思います。ただし、曲がっている先端部で折れているような場合は専門医でも難しい場合もあります。

⑤前医でのいびつな根管形成

再治療の場合、根の治療が前の先生でも難しい場合、歯の根の内部に難しかったんだろうなという形跡が残る場合があります。必要以上に健康な部分も触られている場合などです。

別の方向に穴が開いてたりするのは、多くに見られます。

 

根の治療の成功率

先生が治療したからといって絶対に治るかと言われると決してそうじゃないのが根の治療の難しさです。

根の治療の成功率(参考)

根の治療の成功率(自由診療で行なった場合)
抜髄(初回の根の治療) 先端に病気なし 90%以上
先端に病気あり 約80%
感染根管処置(再治療) 先端に病気なし 70〜80%
先端に病気あり(先端破壊あり) 約50%

この再治療の成功率を上げるために自由診療という選択肢があります。

根管治療、根管治療 痛み、麻酔、抜髄、感染根管治療、痛みが取れない根の治療 について     相談できる

ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

参考文献:
1, Y-L Ng V MannS RahbaranJ LewseyK Gulabivala. Outcome of primary root canal treatment: systematic review of the literature — Part 2. Influence of clinical factors. Int Endod J. 2008 Jan;41: 6-31.
2,U SjogrenB HagglundG SundqvistK Wing. Factors affecting the long-term results of endodontic treatment. J Endod. 1990 Oct;16:498-504.

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ