WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

歯がしみる、、、知覚過敏かしら??

こんにちは

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

歯がしみてきて痛く感じてたけど、気づいたら無くなっていた。

凍みるのが出てきて食事するのも辛い。

など「しみる」症状は患者さんにとっても辛いことですよね。

 

歯がしみてしまう原因は一体なんなんでしょうか?

①虫歯

想像つきやすいもので、パッと思い浮かぶのが虫歯ではないでしょうか。虫歯は歯の表面から内部へと歯を溶かして行ってしまいます。虫歯の穴が大きくなってくると、外からの冷たい刺激や食べかすが押し込まれたりするせいで、咀嚼するたびに痛んだり、しみたりし始めます。

虫歯においては虫歯治療をすることで改善することが多いです。ただし進行が進みすぎると神経までやられてしまい、神経処置が必要になることがあります。

②知覚過敏

虫歯や他のトラブルがないのにしみたりすることを知覚過敏と言います。

歯と歯茎の間あたりから刺激があって、凍みる症状が出たりします。

神経が少し痛んで過敏になってしまう状況になります。特に歯と歯茎の境目は神経までの距離が短くなりますので内部に伝わりやすくなってしまいます。

くさび状欠損(WSD)

知覚過敏に関連して噛む力で歯の根元がかけてくるということが起こります。

歯ぎしり食いしばりなので起こります。歯磨きの力ぐらいではこうはなりません。

歯茎との境目が余計に欠けたりするため、神経までも近くなり知覚過敏症状も強くなります。

噛む面に力が加わると応力が歯茎との境目付近に集中するため、力で歯がパリパリの剥がれていくイメージです。

治療として

①知覚過敏用コーティング:表面に塗ることで外からの刺激を和らげます。長期間は持たないため、症状が強い時の緩和などに有効です。

②コンポジットレジン:WSDのように実際に歯が少し欠けていたりするとプラスチックの詰め物を貼り付けてバリアをします。コーティング剤よりは効果が強いです。

③知覚過敏抑制歯磨き粉:「シュミテクト」に代表される知覚過敏抑制用歯磨き粉硝酸カリウム(カリウムイオン)という薬用成分が露出した象牙質をカバーし、象牙細管へ刺激が伝わらないようにし、使用を続ければ「歯がしみる」症状が緩和される事が期待できます(使用をやめれば再び歯がしみる可能性があります)。

④マウスピース:歯ぎしりを伴う知覚過敏の場合は効果的です。原因となる歯ぎしりを抑えることで知覚過敏も緩和されます。

⑤抜髄:これはどうにもこうにもいかない時の最終手段となります。感じる神経をとってしまいます。積極的には行いません。

 

関連記事

神経を残すには??

知覚過敏、虫歯、カリエス、虫歯なぜできる? について     相談できる

ご予約はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ