WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

今流行りのマウスピース矯正 どうやって選ぶの? (インビザライン、キレイライン、クリアコレクトなど)

こんにちは、旭区の歯医者、

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

 

矯正治療の選ぶ基準

矯正治療とは歯並びを改善して、噛み合わせや審美(見た目を治す)を改善する非常に有効な治療かと思います。もっとみなさんに広まればいいなと感じています。私も矯正経験者であり、いい面も悪い面も経験者(患者)として歯科医師として両方の側面からお話しできるかと思います。

矯正終わった患者さんがみなさんが満足しているかというとそうでもないことも、、、

歯科医師が思う満点に近い歯並び矯正治療と、患者さんが求めている治療(期間、治療ゴール、費用など)は同じではないかも、ということもあります。

 

 

矯正目的が噛み合わせの改善であれば、、、

歯並びを変えるとなると、噛み合わせも当然変わります。噛み合わせの治療がメインで、見た目(審美)もできる限り、取りに行くのが多いと思います。なので噛み合わせ的におかしなことになったり、歯を並べたけど噛めないということは少ないと思います。一方で、、、

 

矯正目的が見た目の改善であれば、、、注意した方いいかもしれません。

見た目を治すだけだといっても、歯を動かすため噛み合わせも変わります。主たる目的が、見た目(審美)を取りに行く場合、見た目をメインで治します。もちろんできる限り、噛み合わせもよくなる方向でと考えます。ただし、この辺りは担当医さんのさじ加減で、噛み合わせが多少悪い方向に行くのでも良しとする場合もあるかと思いますし、できるだけ噛み合わせもなんとかしてあげようとする先生もいると思います。

見た目良くなったけど噛み合わせぐちゃぐちゃにされたなどの口コミがあるのをみますと、そのあたり先生とのすり合わせができていなくてトラブルになっているのかな・・・と察します。

一生に何度もする治療ではないと思うので、後悔しない選択をしてほしいと思います。

矯正は何かを犠牲にして審美と噛み合わせを得る治療

矯正が密かにブームになっており、マスク期間中に矯正したいという要望もこっそりと増えてきます。

歯並びなど審美を求める治療は何かの犠牲を伴います。歯を少し削ったり、骨が少し痩せたり、歯茎が下がったり、抜歯をしたり、後戻りをしたりと、何かの犠牲がつきまといます。自分は見た目を取る代わりに、何を犠牲いにするかというリスクを知った上で矯正治療するのが大切だと僕は思います。それをきちんと説明してくれる病院の方が安心して治療後のフォローも受けられるかと思います。

これはマウスピース矯正でもワイヤー矯正でも同じです。

どこでするかは頭を悩ます問題

インスタグラムでもたくさん矯正のCMが入ってくるので、特に若い方にはよく説明をきいてメリットとデメリットをよく説明をきいてから治療受けるようにして欲しいです。

患者さんと契約を慌てる歯医者や、説明を求めてもしっくりする答えが返ってこない歯医者さんは不信感につながります。何かあった時トラブルになるリスクが高いので安心できるところを探された方が良いと思います。セカンドオピニンを拒否するような歯医者さんも不信感がつのることも・・・

慌ててする治療ではない矯正治療、セラミック矯正には注意

最近、当院にきた患者さんで、ある歯医者さんで矯正治療を受けるのだけど、虫歯治療をしてきてくれと言われて当院にこられた患者さんがおられました。聞くとその矯正歯科に初回にいって、マウスピースの型取りは終わった後だそうです。歯型は変わらないから虫歯治療は近くの歯医者さんで治療するよう言われたそうです。私がみたところ少なくてもインレー修復が必要なほどの虫歯でした。これでは矯正前の治療で歯の形が変わるわけです。少し残念に感じました。

矯正治療の前に虫歯治療、歯周病治療を

矯正治療の基本は虫歯治療と歯周病治療が終わってからがよいと思います。なぜなら被せや詰め物の種類によって装置の種類が変わる可能性があるからです。メタルやセラミックだと装置がつきにくくなります。マウスピース矯正はなおさら歯型が変わるため、注意して欲しいです。いきなりいってよくわからずに矯正治療を進めるのは取り返しつかないことになる方も何名もみてきました。

 

何件か相談にいった中で信頼できるなと思われるところでしていただくことを願います。

 

情報媒体での注意

今はみなさん情報を調べる媒体が年代別に変わってきます。

①Facebook:友達や経営者みなさんのネットワークです。少し年齢層が高いイメージです。30代以上に多いかと思います。知り合いの先生など横のつながりで情報交換するイメージですね。

②ホームページ(Web):情報量は多いがさらっと見るには少し情報量多いように感じます。きっちり調べるのであれば、ホームページやWebを活用される方が多いと思います。真剣に治療をどうしようか悩まれている方やいろんな医院を比較検討される場合に有効かと思います。年齢層も少し高めです。30代以上の方はよく使われているイメージです。

③インスタグラム(instagram):若い10代や20代で爆発的人気があるのがインスタグラムです。写真や動画ベースで情報発信され、「百聞は一見に如かず」と言われるように、多い情報量を検索して調べることが多いです。ただし、細かい情報までは載ってないため、医療で選ぶ時は注意が必要です。インスタで調べて、詳しい内容はホームページで見て治療に関するリスクもきちんと説明している医院が安心ですね。

 

矯正専用ページご参考にしてください。

関連記事:

矯正、マウスピース矯正、インビザライン 、アイテロ(i-Tero)について相談できる

矯正無料相談ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ