WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

新生児、妊婦の歯磨き 虫歯予防

こんにちは、旭区の歯医者、

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

 

Q1:お母さんが虫歯できやすいと子供もできやすくなりますか?

A1:歯の硬さや骨の強さ、唾液の含まれる免疫力などある程度、遺伝的な要因が出ると思います。お父さんお母さんが歯が弱いとか虫歯なりやすい傾向であれば、同じようになってしまいやすいです。宿主の要因と言われる遺伝的な要素、持って生まれたものは変えることはできません。ただし、口腔内の細菌の要因は変えることができます。

よく言われているのは、虫歯はお父さんお母さんからの口移しでバイ菌が移ってしまいます。そのためお父さんお母さんが虫歯多い場合、口移しなどをやめておくことで細菌の環境は良くなると思います。

ちなみに歯周病菌はある程度大人になってからの恋人とのキスなどで移ると言われています。他にもEBウイルス感染による発熱や扁桃腺炎なども起こるリスクがあります。

 

Q2:子供のフッ素はどれくらいの時期からしたらいいですか?

A2:乳歯も永久歯も放出したてが歯が柔らかく、フッ素が取り込まれやすい時期で効果が高いと考えられています。乳歯の場合半年ごろから生えてきますが急いでする必要はありません。乳歯は特に奥歯に虫歯ができやすいので2歳〜2歳半ごろからでも構いません。

味がついているペーストが子供に人気でよくつかわれています。好きな味を選んでもらっては歯磨き習慣を楽しいものしてあげてください。

 

Q3:仕上げ磨きは何歳くらいまでしてあげたらいいですか?

A3:スタートは歯が生えてくる6〜8ヶ月くらいから始めてあげてください。終わりは何歳と決まってはいませんが、素直に仕上げ磨きさせてくれるのは小学校3〜4年生まででしょうか。特に交換期が始まる6歳くらいからは重要になってきますが、反抗期やめんどくさがってさせてくれなくなったりするかもしれません。交換期は歯並びが、がたつきますし萌出したての歯は虫歯になりやすいのでできる限りしてあげてください。

 

Q4:子供の歯は生え変わるので虫歯は少しくらいだったら置いておいてもいいですか??

A4:確かに交換期を迎えると抜けて永久歯に変わりますが、萌出したての永久歯は虫歯がすぐに移りやすいです。隣の乳歯に虫歯があると永久歯がすぐに虫歯が移ってしまったり、乳歯の虫歯が大きくなって根の先に膿が溜まってしまうと永久歯が変色したり、形態不良になってしまうこともあります。永久歯を虫歯にならないように安心して交換期を過ごしてもらうためにも、乳歯の治療はきちっとしておいたほうが良いと思います。

関連記事:

 

小児歯科、小児、子供 歯科治療 泣いてできない 怖がる について相談できる

ご予約はこちらから

よくあるご質問

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ