WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

歯茎から出血してくるところは要注意??

こんにちは、旭区の歯医者、

ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

 

歯磨きする時、歯間ブラシを入れた時など歯茎から出血してくることはありますか?

出血は歯茎の中(歯周ポケット)に炎症があることを示します。プロービングを言われる歯周病検査を行うと歯茎の周囲が腫れておれば、出血してくるかと思います。外側まで腫れが大きいと患者さんご自身でも気づくと思いますが、歯茎の内部のみ腫れているような場合はプロービングをしてみないと炎症があるかわからないことがあります。

(歯と歯茎の間に細い器具を入れてみて、歯周ポケットの深さ、出血の有無、膿が出てくるかをチェックします。)

口腔清掃指導や歯茎から上にある歯石除去などクリーニングしたにもかかわらず、ポケットからの出血が認められるとなると、本格的なスケーリングルートプレーニング(SRP)と言われる歯茎に隠れている歯石除去を行なっていきます。一度治療してみてポケットが減っているかと出血がしてこないか、骨の状態が変わりないかなどをチェック致します。

 

歯周病治療の目的は??

歯周病治療において一番大切なことは、ご自身でしていただくセルフケア(日々のクリーニング)です。いくら歯石除去を行っても、日々の歯磨きで汚れがたまってしまうとあまり意味がないことになってしまいます。とはいっても歯磨きのクセだったり、どうしても届きにくいところは人それぞれ違うと思います。そこをプロフェッショナルなクリーニングできれいするといった感じかと思います。

歯周ポケットが3mm以下が一般的な歯周病の治癒と判断される一つの要因です。これはポケットが3mm以下であればなんとかご自身のセルフケアで掃除ができる範囲とされているからです。ただ、歯石とりをしたらみなさんが全ての場所で3mm以下になるかというとそうにもいきません。部分的に4mm,5mmの箇所が残ってしまったりすることもあります。仮に歯石を徹底的に除去したとしても3mm以上のポケットが残る部分はどうすればいいのか?

①外科的に歯茎の形を整えて物理的に少なくする方法

②定期的にメンテナンス、クリーニングによって炎症が出ないようにケアしていく

全てを3mm以下にできなくてもメンテナンスで出血するリスクを減らせば十分に歯周病をコントロールしていくことは可能かと思います。

コロナ感染対策も大切ですが、ご自身の歯にも1度、目を向けてみてもいいかもしれませんね。

ご予約ご相談はこちらから

 

歯周病関連記事

歯周病について詳しく

歯周病と全身疾患について

歯周病と糖尿病について

タバコと歯周病について

歯周病患者さんはどれくらいいるのだろう??

歯周病と歯肉炎どう違うの??

 

歯周病、歯がグラグラ、歯石とり、歯を残す について     相談できる

ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ