WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

神経を残すには???

こんにちは ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

「虫歯が大きいですから、神経を抜きますね」と歯医者さんでよく聞く会話ですね。

患者さんからすると本当に神経とらないといけないの?

本当は嫌だけど先生が言うんだったら仕方がないね。

と、思われていますよね。。。

 

確かに、神経を抜く必要があるときもあります。

でも、もしかしたらギリギリ神経を残せるかもしれないこともあるかもしれません。

 

どうやって治療するの?

虫歯は感染症です! 細菌感染なので虫歯(感染歯質)を全て取り除く必要があります。

う蝕検知液で染め出しを行なって、徹底的に除去することが大切です。

 

神経へのダメージの種類

神経に細菌感染が進んでいると、部分的に神経が傷んでしまう場合と全部が傷んでしまう場合と2パターンあります。

①神経全部がやられている場合

噛んだときや歯を叩くと痛みや違和感がある場合、神経の炎症が歯全体から歯根膜と言われる歯を支えている周囲組織まで広がります。すると噛んだら痛いなどの症状が出てきます。この状態までいってしますと、神経を残すことは難しくなります。炎症を起こしている神経全体を取ってあげる必要が出てきます。

② 神経の一部分がやられている場合

ダメージがでている部分までを取り除き、保護する材料を引いて神経の炎症を落ち着かせる方法になります。ほんの一部分の場合は直接覆髄法、少し深くまでという場合は生活歯髄切断法と言います。

これらの処置を行うときは、ラバーダムと言われるゴムの膜を貼ってやった方がいいでしょう。

 

①う蝕検知液による染め出し、虫歯の範囲の確認をします。

②検知液を使いながら、虫歯を徹底的に除去します

③出血が認められます。神経にまで細菌感染が進んでいます。

④出血を薬液で止めます。

⑤MTAセメントを使用し、神経が落ち着くように緊密に蓋をします

⑥最終は詰め物の形を整えます

MTAセメントは1部位につき、5000円(税別)になります。

自費治療のため、上の詰め物も自費診療となります。

 

きちっとした方法を使えば、神経を保存して治すことができます。

 

関連記事

虫歯できやすい???

 

歯をのこす、歯の保存、神経抜きたくない、抜かないといけないと言われた、MTAセメント、直接覆髄、生活歯髄切断、保存修復 について     相談できる

ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ