WEB予約はこちら
MENU

マウスピース矯正専門サイトはこちら

ブログ|大阪市旭区の【ステラ歯科クリニック千林大宮】|千林大宮駅すぐの歯医者

ブログ

Blog

出血傾向のお薬服用されてる患者様へ

こんにちは ステラ歯科クリニック千林大宮 今井佑輔 です。

抗血小板薬や抗凝固薬などのお薬を内服されている方へ

 

ワーファリン(抗凝固薬)の内服されている方へ

適応:

心房細動に伴う脳血栓塞栓症の予防

心臓弁置換術後の血栓塞栓症予防

深部静脈血栓塞栓

血栓塞栓

心筋梗塞後の2次予防(心臓の血栓塞栓

などに処方されます。

 

注意事項

基本的に血栓の予防ですが、万が一血栓と言われる血の塊が血管に詰まってしまう血栓塞栓症になってしまうと臓器が機能不全を起こして命に関わる場合があります。

自己判断での休薬は命に関わる危険性もあると考えていますので、絶対にしないようにお願いします。

もし、休薬していただくようなことがあれば医師もしくは医師と連携を取っている歯科医師の方からお話しさせていただきます。

 

抜歯に関して 

血液検査:PT-INR

医科の方で血液検査でPT-INRという項目でコントロールしていることが多いです。血液検査があれば安心です。一般的に2〜3くらいの数値でコントロールしていることが多いですが疾患によっては変わってきます。詳しくはクリニックでお聞きになってください。

抜歯など観血的処置に際してPT-INRが2.5以下だと可能かと思われます。2.5〜3でも簡単な抜歯程度だと問題ないですが、埋まっている親知らずなどは2.5以下のコントロールが望ましいです。

ワーファリンの中止は中止してもすぐに戻らないこと、また再開するときに一時的に血栓リスクが上がるとも報告されており、休薬での血栓塞栓のリスクが高まると考えています。なので決して自己中断はやめてください。

 

バイアスピリン(抗血小板薬)、パルナジンプラビックスプレタールなど内服されている方へ

適応:脳梗塞、虚血性心疾患

血液検査モニタリングは、以前は耳たぶから出血させて血が止まるまでの時間を調べる方法もありましたが、あまり出血時間検査は意味がないとされておりまして、客観的に効果が測れるものは少ないかと思います。ワーファリンに比べて出血リスクは少ないと考えられておりますが、私の臨床経験では2、3つこう血小板薬併用されておられる方は出やすいイメージです。

注意事項:

こちらも勝手な休薬はおやめ下さい。血が止まって帰っていただいた後、再出血することもあり、抜歯後など血腫と言われる血の塊が口の中に形成されることがあります。血腫になりますと刺激すると出血がで続けますので、掻爬して取り除くか刺激しないようにしていただくと3〜5日ほどで勝手に取れる場合が多いです。

 

出血傾向、全身疾患、抜歯、歯石とり、バイアスピリン、ワーファリン、観血的処置 について     相談できる

ご予約ご相談はこちらから

この記事書いたのは 医学博士 歯科医師 今井佑輔 です。

大阪市旭区千林大宮の相談できる歯医者さん

夜19時までやってます(最終18:30)

ステラ歯科クリニック 千林大宮

ご予約はこちらから

大阪メトロ谷町線 千林大宮駅4番出口すぐ

京阪本線 千林駅 徒歩9分

大阪府大阪市旭区大宮2丁目27−23

TEL:06-6953-4182

FAX:06-6953-4186

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ